2013年8月、9月タイ・バンコク旅行

2013年8月、9月 タイ・バンコク旅行 その18 ~クレイジーのPちゃん2階でふて寝

更新日:

本日の予定は22:00にクレイジーハウスのPちゃんをペイバーして、ホテルでスパン以外は特にありません。


22:00まではフリーなので、それまでは他のゴーゴーバーをハシゴしようと思います。


まずは、ナナプラザへ


レインボー系列の2、4を覗いていますが、相変わらず私好みの嬢はおらず、すぐに他に行きます。


何か面白そうなゴーゴーは無いかなとナナプラザを徘徊していると、ナナプラザ3階に


Billboard ビルボート


というゴーゴーを発見し、とりあえず入ってみることに。


店内は、年取ったファランばかりで、あんまりお客はいない


ステージと、バスタブ?があり、ステージ上ではトップレスの嬢が躍っていて


バスタブは全裸だったかな?黒のパンツを履いてた記憶もありますが、バスタブの泡であまり見えなかった気がします。


私の目に狂いが無ければ、全体的に年齢層は高めです。


バスタブの嬢は24歳くらいのちょい若い感じでしたが、ステージの嬢は20後半~だと思います。


バスタブのあるゴーゴーバーは初めてなので、バスタブ席に腰掛け、ビアシンを注文


1人ちびちび飲んでいても、誰からもドリンク要求がなく、まったりと過ごせました。


ゴーゴー嬢もあんまりやる気はなさそうです。


私は目の前にいるバスタブ嬢の艶めかしい動きをポーと見ていて、時折飛んでくる泡(嬢がふざけて飛ばしてきた)と戯れていました。


さすがに暇だったので、この嬢にドリンクを奢りました。


ドリンク奢ったら、乳首触らせて貰えました(笑)


でも、手が泡だらけ


バスタブ嬢と乾杯しながら、鉄板のあいさつを交わします。


で、話の内容は


バスタブ嬢「見るだけの客が多い(ドリンクを奢ってくれない)」

バスタブ嬢「あなたは奢ってくれたからサービス」


と、ほとんど嬢の愚痴でした。


ドリンクを奢る客云々よりも、そもそもほとんどお客がいないこの状況を何とかしないといけないのでは…


1時間ほど飲んでから、チェックビン


ソイカウボーイに行く前に、立ちんぼをちょっとばかし拝見


う~ん


ホントに”女性”かな…


可愛い娘がいたら、チェックしておきたかったけど、正直微妙


すらっと背が高いのは確実にレディーボーイ


小柄な嬢は、お腹が出ていて、食指が全く動かない


結果、眺めるだけで、即退散


あの容姿で1500Bとか取られるんですかね?


それなら、普通にゴーゴー嬢ペイバーする方が断然良い気がする


立ちんぼも一通り確認したので、バイタクに乗り、次はソイカウボーイへ


22:00まで時間がまだあったので、スージーウォンというお店が気になっていたので入ってみることに


店内はかなり混んでいて、カウンター席しか空いておりませんでした。


でもステージ上の嬢は全裸だったので、逆にラッキーです。


ただ、嬢のスタイル&容姿はお世辞にも良いとは思えませんでした。日本人好みではないという言い方が正しいですね。


注文したコーラを飲みながらだらだらと嬢のアソコや胸を眺めていると、何やらショーらしきものが始まりました。


2人の嬢が何やら怪しい雰囲気を出しております、そう、レズビアンショーです。


スージーウォンといえば、レズビアンショーです。(当時の私は知りませんでした)


レズビアンショーを見ていない方は、一度見といたほうが良いですよ(笑)


挿入シーンは無いですが、嬢同士の69(シックスナイン)で、お互いのアソコを舐めるシーンは生唾ものです。


というか、レズビアンを生で見られるとは思っていませんでした。


さすが、タイ!!アメージング!!


しかも、ダンサーよりもレズビアン嬢の方が断然可愛かったです。


かなり幼く見えますが…ライトのせいですよね(笑)


この嬢達だったら、ぜひともペイバーしてみたいですね。


レズビアンショーも終わり、そろそろ時間なのでチェックビン


結局コーラ一本のみでした。


ほぼ時間通りに、クレイジーハウスに到着し、Pちゃんを探しますが、居ません


まさか、ペイバーされたのでは!?


それはそれでラッキーです。気になっている他の嬢もいたので。


さっそくステージ上の嬢を吟味しようかと思ったら、スタッフの人に声をかけられます。


スタッフ「Pちゃん、あなたのことずっと待ってたのよ」

私「22:00にPちゃんと会う約束したから今さっき来たんだけど…」

スタッフ「え?20:00ってPちゃんから聞いてたわよ」

私「あ、そうなんだ、じゃあPちゃん時間勘違いしたのかもね」
(心の中の私)「メモにまで書いて渡しただろ!!”22:00”の文字が読めないとかありえないだろ!!」


スタッフ「わかったわ。じゃあ、Pちゃん2階で寝てるから起こしてくるね!」

私「あぁ…そうだね」
(心の中の私)「寝てるなら起こさなくていいんだよ!!っていうかまた寝てるのかよ!!」


しばらくすると、眠い目をこすりながらPちゃん登場


Pちゃん「TM、来るの遅い!!」

私「あぁごめんね、えも22:00に来るっ・・・」

弁解しようとしたら、Pちゃんにキスをされました


酒の臭いがする…


Pちゃん「もう遅いからホテル行こう」


いや、遅いってまだ22:00だよ?


というか、なぜに酔ってるの??


状況が理解できないまま、お会計を済ませチェックビン


クレイジーハウスの外でPちゃんが着替えるのを待ちます。


クレイジーハウスの店の前ではいつも小さい屋台がオープンしてます。


何やら乾燥フルーツ的なものや、テキーラを混ぜたドリンクを販売しているらしい


私が屋台を眺めていると、屋台のおばちゃんが話しかけてきて、これ食べてみないか?と色々勧められたので


ちょっと食べてみましたが、あんまり美味しくなかったです。


屋台のおばちゃんと喋っていると、おばちゃんから、「あなたの舌、青くなっているわよ。これ飲んだでしょ」と


屋台のドリンクを指さします。


簡単に説明すると、日本でも昔あった”舌の色が変わるお菓子”、これのドリンク版です。


いや、飲んだ記憶は無いけど…と思いだしていると、Pちゃんが着替えから戻ってきました。


Pちゃんは私に荷物を預け、屋台のおばちゃんにドリンクの注文をしていました。


しかも、舌の色が変わるドリンク!!


なるほど、犯人はコイツか


さっきベロチュウしたときに、色が移ったのだろう


おばちゃんとPちゃんが高速のタイ語で私の方を見ながら喋っています。


会話の内容は、タイ語が解らなくても雰囲気でわかりました。


Pちゃんは笑いながら、ソーリソーリって言ってる


別にいいんだけど、Pちゃん酒弱いくせに2杯目を買うんかい


というか、お客さんにドリンク奢ってもらって酔ってたわけでは無く、自分でお酒を買って飲んでたのか・・・


ドリンク代金はPちゃんの自腹で払い、そのままどこにも寄らずにホテルに直帰します。


Pちゃんは酔いながらも、私が来るのが遅かったことにブツクサ文句を言っています。


どこで遊んでたの!?と若干怒っていましたが、Pちゃんはかなり酔っているっぽいので、適当に宥めます。


私「友達とナナプラザに行った後に、ご飯食べただけだよ。」

私「全然酔っていないでしょ?」(一応、セーブしておいただけ)


そしたら、今度は

Pちゃん「私が酔っているのに、TMはなぜ酔ってないのか!?」

とメチャクチャ言って、自分が飲んでた酒を私に「飲め」と、渡してきました。

私は言われた通り、お酒を飲み、舌の色が変わったのをPちゃんに見せたりして、ご機嫌を取ろうと頑張ります。


酔いが回って来たのか、Pちゃんはほどなくしてダウン。ベットに突っ伏します。


私「Pちゃん、大丈夫?水飲む?」
(心の中の)私「良し、やっと静かになったか。とりあえず服を脱がせるか」


水を枕元に置きつつ、Pちゃんの服を脱がしていきます。


女性の服って、上下一体になっているの多いですよね。脱がしにくくて仕方がありません。


服を脱がして、パンツを拝見すると…


何と、リラックマのキャラパン…


勝負下着を履いてこいとは言いませんが、キャラパンって…


若干、性欲がダウンしましたが、脱がせば関係ないでしょってことで、パンツも剥ぎ取ります。


Pちゃんのアソコをくまなく弄っていると、


Pちゃん「水、、飲みたい」


水を飲ませ、ついでにシャワーを浴びさせました。


私もシャワーを浴びて、ベットに戻ると、Pちゃん寝息をたてて既に爆睡中


胸を鷲掴みにしたりしても、もう起きる様子がないので、今夜のスパンは諦め、私も就寝





翌朝


大量の水が効いたのか、Pちゃんは元気になっていました。


私も昨晩はスパン出来なかったので、朝から元気状態になっていました。


指でほぐし、ヌルヌルになったところでインサートしようとしたら、


めずらしく、Pちゃんが上になってきたので、騎乗位からのスパン


Pちゃんが「はぁ、はぁ」言いながら、腰を上下させます。締り具合は相変わらず素晴らしいです!


Pちゃん動きすぎて汗かいてきたので、Pちゃんをくるっと180度回転させ、今度は私が下から攻めます。









良い感じにPちゃんが感じているので、騎乗位のままピストンし続け、朝1発目を済ませます。


朝スパンを終え、しばらくまったり



Pちゃん、まったりし過ぎてて帰る気配を見せません。







全裸でくつろいでいるPちゃんを見ていると、またまたムラムラしてきたので、今度は正常位でもう一発


ふぅ…汗が凄すぎる


Pちゃんと一緒にシャワーを浴びて、とりあえず服を着ます。このままだと3発目に突入しそうなので…


お腹が空いたので、昨日と同じようにターミナル21のフードコートで朝兼昼ご飯を食べます。


焼肉屋?みたいなところでご飯を食べました。


ここも、それなりの値段でしたね。。。


さて、これからですが、Pちゃんには「昼に友達と会う約束がある」と事前に言っておいたので、


ここでPちゃんとはお別れします。


Pちゃん「今日は、早く来てね!」

私「何時頃に行けば良いの?」

Pちゃん「19:30」

私「え、早くない!?」

Pちゃん「…TM、他の女と遊ぶつもり?」

私「いや、夕ご飯食べたりとか…」

Pちゃん「…本当?」

私「わかった、じゃあそれくらいに行くよ…」

Pちゃん「絶対だよ!」


面倒な約束をさせられ、Pちゃんと別れます。


クソッ…せっかくのラストナイトなのに、、、、


取りあえず、気分を切り替えねば。。。




つづく

-2013年8月、9月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.