2015年2月タイ・バンコク旅行

2015年2月タイ・バンコク旅行 その19

更新日:

ホテルに戻るなり、Dちゃん何やら冷蔵庫をゴソゴソと漁っています。


Dちゃん「何か飲みたい」


私「ビールあるけど」


Dちゃん「う~ん、Breezerは無いの?」


私「ここには無いから、外に買いに行く?」


Dちゃん「…もう暑くて歩けない…」


「おいっ」と突っ込みそうになりましたが、


Dちゃんは急に服を脱ぎ始めて、すっぽんぽんになりました。


はてなマークを浮かべて、ボー然としている私に対し、


Dちゃん「服脱いじゃったから、もう外には行けない」


…してやった風な笑顔をしていますが、何これ?ていうか服着れば外いけるじゃん。


ゴーゴー嬢は歩くの嫌いというのは本当なんですね。


仕方なく、Dちゃんをホテルに残し、外に買い出しに行きました。


近くのコンビニでBreezer4本購入し、ホテルに戻ります。


ホテルに戻り、部屋のブザーを鳴らすと、


Dちゃんがドアを開けてくれました。


まぁ開けてくれないと入れないんだけどね…カードキー中にあるし。


・・・あれ?Dちゃんが服を着てる。


Dちゃん「この部屋寒い」


私「・・・」


これはもう、後でお仕置きが必要ですね。


まぁせっかく買ってきたので乾杯します。


DちゃんBreezerを口に含みながら、キスをしようと迫ってきます。


口移しする気満々です。


私は帰ってきたばっかりで、冷たいものを普通に飲みたかったので、


丁重にお断りします。


Dちゃん、しょぼーんとしています。


Dちゃん「とも、今日も元気が無い」


私「え、元気だよ」


Dちゃん「そうなの?じゃぁ、さっきのこと怒ってるの?」


私「別に怒ってないよ」


Dちゃん「…本当?」


私「本当だよ。多分、酔いが覚めてきたからだと思う。」


Dちゃん「じゃあ、もっと飲んで!!」


Dちゃん再び口移しの準備に取り掛かります(笑)


普通に飲ませるという選択肢は無いのだろうか。


諦めて、Dちゃんの口移しに応じます。


満足したのか、Dちゃんは残りのBreezerを勢いよく飲み干します。


飲みおわった後は、汗かいて気持ち悪かったので、シャワーを浴びます。


もちろん、一人で。


誘えば一緒に入ってくれそうだけど。


シャワーから出ると、DちゃんTV見ながら、携帯弄っています。




Dちゃん「私も、シャワーナ!」


ソファーでだらだらしていると、Dちゃんがシャワー室から出てきて、


昨日と同じくベットにダイブ!


ベッドの部屋にあるTVをさっそくつけて、いつものアニメを見始めます。


私もベットに潜り込み、TVを見ているDちゃんに悪戯します。


Dちゃんは若干マグロだけど、弄っていると、愛液が溢れてきます(笑)


そのまま挿入しちゃいます。
※コンドームはもちろんつけてますよ。


ピストンする度に「はぁ、はぁ…」とDちゃん喘ぎます。


正常位とバックの合計2発でフィニッシュしました。


SEX後はDちゃんとキスをしながら就寝。


5:30頃、アラームが鳴っていないのに自然と目が覚めました。


いつも起きる時間だ…習慣って怖いなぁと思いましたが、


良く考えたら、日本時間は7:30じゃん。


と、自分でボケと突っ込みをしていると、まだDちゃんが起きていないことに気づきます。


Dちゃんの無防備で寝ている姿をみたら、ムラムラしてしまい


せっかくなので、このまま挿入してしまおうと


Dちゃんに跨り、ズボッと入れてみます。


入れた瞬間にDちゃんも目覚めます。


ロングタイムだと、いつでも好きな時にSEXできるのが良いですね。


朝から濃厚な一発を終え、Dちゃんは帰っていきました。


帰るときに毎回玄関前でキスして!と言うのが可愛い。。。


Dちゃんは帰宅しましたが、まだ7:00


ということで、そのままベットで二度寝します。


つづく



-2015年2月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.