2016年1月タイ・バンコク旅行

タイ人の辛さに対する味覚はクレイジーだ by ソムタムプー

更新日:




ナナプラザのいつもの2階席から、しばらく景色を眺めておりました


ここはカウンターもあるし、人通りも少なめなので、避難所として最適です


ただ、LB達が寄ってくるので、上手く回避が出来ればですけど


LBについて毎回思うのは、LBはペイバー制度ではなくて、ブロウジョブバーみたいに店内でスモークオンリーで済ませるようにするシステムにすれば、結構儲かるんじゃないんでしょうか?


もしそんな場所があれば、私なら絶対に行きます(笑)


LBのスモークは気持ちが良いと聞きますし


ブロウジョブは特に会話を楽しむものでもないですから、可愛い娘男で口技が上手ければ言うことないと思います、、多分


・・・まぁもしそんな可愛い”女の子”いたら、ブンブンも要求しちゃいますけど(笑)


ということで、席に座っているとLBから「飲むだけ!!」「見るだけ!!」とアピールを受けますが、爽やかにノーサンキューでお断り


時間も経ったので、レインボー方向に向けて足を進めます


ナナプラザはLBゴーゴー多いですよね


マンダリン近くで馴染みの娘に見つかり(またか・・・)、そのまま店内へ連行されます・・・


毎度のごとく、ドリンクを奢り、娘を悪戯します


そして、指入れまではドリンクだけでOKなので、スムーズにイン


弄りながらビール飲んで、嬢とキスしてと、良く考えたらゴーゴーバーで遊ぶ理想形が完成していました


普通なら、この後、ママさんや嬢からペイバーのお願いがあって、興味なければどうやって断ろうか頭を悩ませるところですが、私はこの嬢及びママさんに「ロングなら、必ずペイバーするよ!!」と宣言しているので、そんなことを考える必要はありません


・・・と言っても、毎回、ショートはどうだ?とママさんから誘導はきますけど(笑)


ショートでもバーファイン含めて2000バーツくらいなら良いけど、3000バーツ越えですからね・・・


それなら、ロングでペイりたいと思う次第です


あ、嬢自体は凄く良いんですよ!!ショートオンリーだけなので、ペイバーしないだけです


嬢の胸やアソコを交互に弄っていると、ママさんから嬢に、そろそろ着替えてくるように言われたそうなので、ちょうど良いので、嬢にチップを渡して、チェックビン


全部で500バーツくらい


まぁ良いでしょう


その後、スパンキーズをちょっと覗いてスパンされ、レインボーを覗いてもあまり嬢が居なかったので、ソイカに向かう事にしました

SNSで知り合いになったAさんは、ナナプラザに9:00頃いらっしゃるようでしたが、ちょっとソイカのクレイジーを見学したかったので、私だけソイカへ


BTSは混んでそうだったので、ここも徒歩で


ナナからアソークにかけては、夜歩いても良い感じです


明るいし、夜店とかもあるし、飽きませんね


ソイカに到着し、クレイジーに行く前に、ドールハウスとかバカラにも寄りたかったですが、結局そのままクレイジーへ


バカラはお気にに見つからずペイバーすることは可能だとは思いますが、その後、嬢のコミニティ経由でお気に嬢にその事実が知られたら、まずいですからね(笑)


バカラのお気に嬢は、お酒も飲めて、SEX大好きっ娘、そして大人の玩具使い放題なので、嫌われ行為は避けようと思います


クレイジーはいつも通り、店内激混み


でも、上手いことソファー席が空いたので、そちらへ


ビール飲みながら嬢を観察


・・・何か前よりも嬢の質が落ちている気がする


クレイジーの元お気に嬢が居た時は、もっと良い嬢がいたと思う


お気に嬢手放して、他の嬢に鞍替えしようと思ったこともありましたからね


しばらく、観察して、とりあえず嬢を一人席に召喚してみます


嬢が席に来たら・・・あれ?って感じの嬢でした


その娘を席に呼んだら、スタッフが「この子、私の妹なのよ、だからレディードリンク2人分ね」と謎のドリンク攻撃を食らいました

嬢自体良くないだけでなく、ドリンクも2倍と最悪パターンなので、速攻でリリース


ドリンク2倍(コーラ×2)分奢る代わりに、ノーチップで放流します


というか、テキーラ+コーラってふざけてますね


テキーラ+コーラコースを2人分ってそれだけで、700バーツくらい行きますからね


はぁ・・・幸先悪い


リリース後、前回ペイバーした金髪嬢が居たのですが、先ほど席に呼んだ嬢と私が一緒に居るのを見て、それからは、ずっと私の事を無視していました


まぁこれはノープロブレムですね


引き続き、ステージの嬢を眺めます


長身でスラッとした娘がちょっと気になっていたんですが、客に呼ばれては直ぐにリリースされていました


ペイバーの条件が厳しいのかなぁと思って、席に呼ぶのを躊躇していたのですが、此方を見て、ニコニコ笑顔を振りまいていたので、席に呼んでみます


ソファー席でしたが、隣には他のお客が居たので、膝の上に嬢を載せます


胸を揉んで、シリコンじゃないことを確認、ついでに乳首も触っておきます


そして、肝心のペイバー条件について、交渉してみます


私「君はロングペイバー大丈夫なの?」


娘「う~ん、12時までなら良いわよ」


それだと、今から2時間も無いんだけど・・・


私「あぁそうなんだ、ロングOKだったらペイバーしようとしたんだけど・・・」


嬢は座る向きを変えて、対面座位みたいな感じになりました


なので、とりあえずまた胸を揉んどきました


娘「・・・えっと、じゃぁ3時頃は?」


私「短くない?」


娘「あなたのロングって何時までなの?」


私「だいたい、6時とかじゃないの?普通は」


娘「なら7時までね!!」


ともうペイバーが決まったかのような感じでした


まぁロングならペイバーするって宣言したしね


あ、そうだもう一つ確認しないと


私「他の友人とディスコに行くかもしれないんだけど、一緒に来れる?」


嬢「OKよ、大丈夫ディスコは行ったことあるから!」


よし!!とりあえず、ディスコOKでロングOKの嬢を確保しました


で、バーファインとペイバー料金を払おうとしたら、お値段なんと・・・


バーファイン代金700バーツ、ペイバー代金6000バーツ也


高い!!!


バーファイン600のペイバー5000じゃなかったけ


これが所謂、タイの正月料金ってことなのでしょうか??


エンジェルウイッチもそうだったし・・・


この娘だけが高いわけでもないそうなので、渋々代金を払います


バーファインだけかと思ったら、ペイバー代金も前払いなんですね・・・


昔は後払いだったのに、何でなの


嬢は着替えてくるね!!っと言ってどっかに行きました


嬢が戻ってくる間に、Aさんに「嬢ゲットしたので、そちらに向かいます!!」と連絡します


Aさんから合流OKを頂いたので、Aさんのいるナナプラザへレッツゴーします


ソイカの正面出口にあるちょっと怪しいタクシーに乗り、ナナプラザへ


ナナプラザまで200バーツ・・・高い


お気に嬢なら、「こっちの方が安いわよ!!」と、。わざわざ反対車線に移動してタクシーを拾うと言うのに・・・


まぁ結局100バーツ程度しか変わらないですけど、何というか、「気持ち」ですよね


連れ出すの初めての嬢にそこまで求めませんが、ついつい馴染みの嬢と比較してしまします


タクシーの中では、嬢と軽くトーキング


嬢は手荷物が多かったので、何持ってるのかと思ったら、新品のシャネルのバックを2つほど袋に入れて持っていました


嬢はシャネル大好きらしく、全くブランドに興味のない私にアレコレ説明してきました


シャネルのどこが良いの?と聞いたら、ロゴマークが好きだって言ってました


まぁ好きになる理由なんて、そんなもんですよね(笑)


私も何故か、Snow Peakのマグカップ欲しくなりましたもん


欲しくなった理由は、名前と見た目だけです


とりあえず、荷物が多いままだと移動も面倒だし、そんなに気に入ってるなら、なおさら持ち歩くのは不安でしょう


嬢に、「荷物ホテルに置いてく?」と言ったら「うん、置いてく!有難う!!」と中々可愛い反応でした(笑)


ちょっと好きになりました


ホテル前でタクシーを降りて、嬢の大切なシャネル鞄を部屋に置いて、ホテルを出ます


というか、気が付いたら、嬢は自分のお財布と携帯を私の鞄の中に入れており、完全手ぶらになっておりました


まぁ良いですけど、私が変態だったら嬢の携帯とか見れちゃうかもしれないのに・・・


あ、でもタイ語解らないんだった(笑)そういうことね


Aさんに、「レインボー1に居るよ!」とDMが来ていたので、さっそくナナプラザのレインボー1へ!!


そいえば、レインボー1は初めて行きます


どこにあるのかなぁとウロウロしても場所が解らず、レインボー2にいるスタッフらしき男性に声かけました


私「すみません、レインボー1ってどこですか?」


男「え・・あぁ私は韓国人だよ(店のスタッフで無かった・・・)場所は解らないな」


私「あ、すみません・・・お店の人かと思いました」


いきなり馬鹿なことをしてしましました・・・


絶対1階にあるはず・・・だけど・・・もしかしたら、「レインボーバー」と書いてあるお店か??


入ったら、ここがレインボー1でした・・・そうだよね、わざわざレインボー「1」なんて書かないよね


今日はそんなに酔っていないはずなのに、どうしたんだろうか、私の脳味噌は


レインボー1へ入り、どこにAさん居るかなぁと思って辺りを探すも、それらしき人物がいないので、とりあえずカウンター席に座ります


Aさんに連絡すると、既にレインボー1を出ているようでした


私が道に迷って時間経ってましたからね、、、申し訳ございません


その後、Aさんはわざわざレインボー1まで来て下さって、そして、ようやく会うことが出来ました


Aさんの、第一印象ですが、あまりエロそうな人では無かったです(笑)


そして、コミュ力が凄く高い方でした


私がペイった嬢にも英語でガンガントークしていました、さすがです!!


Aさん方は、これから嬢をゲットしに行くそうだったので、もしディスコ行くことがあればお供させて下さい!!と言って、その場は一旦解散しました


Aさんがお店を出た後、私と嬢はソファー席に座り、ウォッカのコーラ割りみたいなのを頼んで、イチャつきました


で、Aさんと嬢の会話でちょっと引っかかった事があったので、嬢に聞いてみました


私「アソークにディスコ何てあったけ??」


嬢「たくさんあるじゃない」


私「え??そうなの??君はどこのディスコに行ったの?」


嬢「ん~と、バカラ(ディスコ)に行ったことあるわ」


私「はい??」


嬢「だからバカラよ!!クレイジーの近くにあるじゃない」


・・・


・・・


マジですか


嬢の頭の中では、ディスコ=ゴーゴーバーとなっていたそうです


タイの夜の嬢って、お客取れない日は、皆でディスコとかに繰り出すものだと思っていたんですけど


それとも、私が、数多いる夜の嬢の中からドローした嬢が、たまたまディスコを知らない or 行かない嬢だったのでしょうか


今のところ、私が選んだ嬢は全員ディスコ行かない派でした


一応、嬢にディスコってこんな場所だよと、Aさんに教えて貰った有名なディスコをネットで検索して嬢に見せました


嬢の反応は・・・「おぉ!!行ってみたい!!」みたいな感じでした


もしかしたら、本当は知っていて、現在進行形で迫真の演技をしている可能性も捨て切れはしません


もう、シャネル大好きとか言ってる時点で、ディスコとか行きまくりだと思っていましたよ(笑)


ディスコ(レインボー)でしばらく飲んだ後、嬢が「お腹すいた・・・あなた屋台のご飯食べれる?」と言うので


私「毎食、屋台のタイ飯だよ!!」


嬢「じゃあ、今からご飯食べに行きましょう!!」


お店を出てナナプラザ近くの屋台へ


ガイヤーンとかは私ももう慣れたものですが、嬢はソムタムをチョイスしました





タイの料理では、カオマンガイに次いで有名な料理なのではないでしょうか??


そいえば、ソムタムは女性が食べているイメージが強いです


昔、ソムタムを食べているLBにちょっとだけ貰った記憶があります


確か、カオスナインっていうLBの・・・あ、LBも良く食べてますね(笑)


写真だけじゃ解りにくいですが、ソムタムは野菜やら何やらを混ぜて、こん棒でゴリゴリと混ぜて、はい!出来上がり!!って感じの料理です


野菜だけなら私も一人でチャレンジ出来たのですが、ソムタムには何と、蟹プーさんもいらっしゃいます


しかも、生です、生プーです


多分、こん棒で混ぜる理由の一つは、生プーさんを砕くためにあるのではないでしょうか


ソムタムだけだと、心細いので、ガイヤーンの骨付き鶏肉を2本購入し、ホテルへ


もちろん、コンビニで水も購入しております(笑)


さっそく部屋で食べてみます






写真中央に陣取っているのが、ソムタム様です。


そして、右手に骨付き鶏肉、左手によくわからない葉っぱというか、茎みたいな謎の植物


嬢に「何これ?」と聞くと、食べ方を教えてくれました


先にソムタムを食べて、その後にこの謎の茎を口に入れるらしいです


まずは、嬢が先行します


嬢「うん、美味しいわ、それに全然辛くないから大丈夫よ」


マジかよ、絶対嘘でしょ、もう何度かタイに来てるから分かるけど、タイ人の辛さに対する味覚はおかしい


嬢「いいから、食べて見なさいよ、本当に辛くないから」


別に辛いのは好物なんですけどね・・・ということで少し頂きます


・・・


・・・


・・・


・・・辛ッッッッ!!!!!!


辛さが後から来ます!!


辛い・・・けど、美味しい!!


でも、やっぱり辛さには勝てない


そして、謎の茎も一緒に頂きます


・・・何だろう、ヤギになったような気分になる


そして、極めつけはコイツです





生プーです


こん棒による攻撃は一切食らっていないようですね


原型そのものが残っています


嬢に「これも食べるの?」と聞くと、嬢は「私は蟹は食べれないの」だそうです


私「え、じゃぁプーパッポンカリーとかもダメなの?」


嬢「うん、そうなの」


あらら、そうなんだ


ぜひとも、この蟹を嬢が食べるところを見たかったのに


恐らく、コイツも、私に食べられるよりも、綺麗で若い嬢に食べられたいと思うでしょう


もちろん、私も食べませんけどね


その代り、嬢は美味しく頂きます


さて、ちょこちょこソムタムを摘まみましたが、結局最後は辛くて食べれなくなりました


私は辛くて汗かいてきましたが、嬢は全く汗をかかず、涼しげにスマホを弄っています


さすが、タイ人


食事を終えて、とりあえずAさんから連絡が来るまでホテルで待とうかなぁと思ったら、嬢がディスコ行きたい!って言うので、再びナナプラザへ


お次はレインボー3へ行って、ドリンキング


2人ほど可愛い嬢が居ましたが、一人隣の日本人客に呼ばれてしまい、よく見ることが出来ませんでした


もう一人は、かなり背が高くて天井に頭着くんじゃないかと思うほどの娘


でも、ずっと鏡を見て、髪の毛を弄っている娘だったので、ペイっても面白くないかも・・・


今日はもうペイバー出来ないから良いんだけどね


そして、私の連れの嬢は、隣でウォッカをくぴくぴと飲んで、良い感じに仕上がってきました


「マオマオ(酔った、酔った)」と言いながらもお酒飲んでます、いい子ですね(笑)


レインボー3はお客も少なく、スタッフは暇らしく、嬢の近くでずっとタイ語で喋りかけてきました


もちろん、私でなく、嬢にですけど


嬢とスタッフでタイ語で会話している間に、私は例の2人の嬢と目を合わせておこうと必死にステージ上とソファー席を交互に見ます

そして、トイレに行く振りをしながら、さりげなくボディタッチをしておきました


中々可愛い娘だったので、次来るときはペイバーしてみようかな


トイレから戻ると、嬢はリアルマオ状態になっており、ホテルに帰りたい言うので、この辺りでチェックビン


Aさんの様子はどんな感じかなぁと思ったら、”墓場”を彷徨っておられるそうだったので、私たちは先に離脱する旨を告げ、ホテルに戻ります。


部屋についた後、一息してから2人でシャワーへ



さて、これから嬢とスパンスパンですね!!


久しぶりのスレンダー娘なので、ちょっと楽しみです!!


つづく

☆★☆★☆★ 追記(ソムタムについての雑学) ☆★☆★☆★

ソムタムはイサーン料理で何種類かあるそうです。

・ソムタムタイ
干し海老やピーナッツ入り
・ソムタムプー
沢蟹入り
・ソムタムプーパラー
魚&沢蟹入り

私が食べたのは、ソムタムプーだと思います。蟹入ってましたので

因みにお腹が強い人でも沢蟹の生はやめた方が良いと思います。

沢蟹は寄生虫持ちらしいので、焼いて食べないと駄目です。

ただ、食事にでるのは養殖の沢蟹らしいので生でも大丈夫らしいですけど、果たしてタイの屋台は・・・

そして、ソム(すっぱい)+タム(叩く)らしいですね

あの茎みたいなのは探しても出てきませんでした(泣)

あれはいったい何なのだろうか・・・知っている人いらっしゃいましたら、ぜひ教えて下さい!!

-2016年1月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.