2016年4月タイ・パタヤ旅行

パタヤのブロウジョブバーCARRE BLANC(カレブラン)に行ってみたけど・・・

更新日:

ご飯を食べた後は、そのままブロウジョブバーのCARRE BLANC カレブランへ


Walking Streetの出入り口近くにある両替所で、バーツを補充


今回の旅行では夜遊び代含めて、1日3万円で過ごす予定です





バーツは、0.3円越え


以前は0.3円を下回っていて、1万円で2700バーツとかでしたから、大分戻って来た感じですね


円高万歳!!


まぁ、2年前くらいは、1万円で3500バーツとかでしたけどね・・・


さて、カレブランへは初めて行くので、とりあえず知っている道を辿って行くことにしました


なので、まずはソイハニー通りを目指しました


ソンテウでソイハニー通りの入口まで行って、後は歩きます


バンコクもそうですが、パタヤの日中帯は歩くとかなりしんどいです


しんどい、といよりも、暑くて汗が出まくります


身体中の汗が出たんじゃないかと思うほど汗かきます


散策は好きなんですけどね・・・この汗の量を何とかしたいです


ソイハニー通りを歩いていたら、屋台で枝豆売ってました





20バーツで、2房買えました


袋に入れて、中に塩を混ぜてくれます


そして、近くにはちょうどよく良い感じのバーも


ということで、枝豆を摘まみに、ビール飲むことにしました





昼からビール


若干罪悪感がある所が、まだ社畜の鎖に繋がれている証拠でしょう(笑)


欧米人を見習わないといけませんね!!


さて、では私も日本での社畜の日々は忘れて、昼ビールを堪能することにします





枝豆は日本のと若干味が違います


食べ方もちょっとコツが必要です


タイの枝豆は日本のとは違い、茎に繋がりっぱなしなのですが、これを無理に取ろうとすると失敗します


茎から外すのではなく、上手く説明出来ないですが、スッと抜くようにすると、ちょうど枝豆の上部の蓋が外れます


日本のように豆を強く押さなくても食べれるので、慣れるとタイの枝豆の方が食べやすいかもしれません


お味はというと、素朴な味で、私は好きですね


たまに売っているので興味がある方はトライして下さい!!


ただ、結構量が多いので、友人達とシェアするのが良いと思います


私は食べましたけどね


1人で


冷たいビールでリフレッシュした後は、再び歩きます


そいえば、たまに電話ボックス見かけるのですが、これ使う人いるんですかね??





今ではスマホで何でも出来てしまうので、あまり需要ないんじゃ・・・


さて、再び歩き出したのは良いのですが、やはり暑い・・・


ハンカチで拭ききれるレベルでは無くなってきました


カレブランまでかなり距離があるので、やはり諦めてバイタクを使う事にしました


因みに、私、バイタクでエロ街を駆け抜けるときは、お店にいる嬢を出来うる限りチェックします


この時だけは、普段の倍以上に動体視力が上がっていると思います


ソイハニー通りは普段見てもあんまり可愛い嬢が居ないのですが、今回は居ました!!


嬢とも目が合い、おいでおいでされましたが、一旦見送ることに


ブロウジョブバーで一発抜いた後に行ってみよう


バイタクの運ちゃんに指示を出しつつ、目的地へ到着


こんな所にあるんだぁ・・・と思うような場所です


周りにはエロいお店は皆無でした





お店は既にオープンしているそうですが・・・本当にやっているんだろうか・・・


ドアは施錠されているので、チャイムを押してみます


「ピーンポーン・・・」
※音は忘れました


耳を澄ませていると、どうやら中には人が居る感じです


施錠が解除され、ドアを開けて頂きました


お店の中は・・・


・・・


・・・


・・・


目が点になりました


ドアの前で硬直している私に対して


嬢「もうオープンしているわ、中へどうぞ」


嬢の一言で我に返りました


私「え・・・あぁもうオープンしてるんだ・・・」


気を取り直し、再びお店の中を見渡してみました


お店の暗闇の中に佇んでいる嬢達は、「にやり」と私に笑みを向けてきました


やばい・・・


全然、嬉しくない


お相手は、私の熟女許容レベルを大きく上回っておりました


引き返すか、男を見せるか、どうしようかと悩んでいる刹那


「にやり」と笑いかけてきた嬢達は、今度は微笑ましい笑顔に変わりました


多分、察してくれたのでしょう


ドアを開けてくれた嬢も、「また来てね」みたいな感じでした


私も申し訳ないっぽい雰囲気を出して、ドアをクローズ


・・・


そして、再び炎天下の中へ


あぁ、パタヤは暑いなぁ・・・


・・・


現実逃避してはいけませんね(笑)


今回のブロウジョブバー新規開拓は成果”0”でした


初日に訪れた、Bliss Loungeはお店自体閉まっていたし、今回訪れたCarre blancの嬢達はレベルが高すぎるし


まぁこういう事もありますよね


気を取り直して、先ほど気になった嬢のいるお店に行くことにしてみました


流石に距離があるので、バイタクに乗りました


本当は歩きたいんですけどね・・・もう汗がね・・・半端無いのです


私も年を取ってきたので、なるべく臭いの元の汗はかきたくないのです


炎天下の中、汗かきながら食べるバーミヘンとか最高なんですけど、さすがに今回は汗かきすぎです


今度から、男性用の香水でも買って行こうかな・・・


バイタクに乗り、ソイハニー通りまで戻りました


しかし、先ほどのお目当ての嬢はいませんでしたが、他にも可愛い嬢が数名居ました


本当にいつもは素通りするんですが、何故か今日は良さそうな嬢が居ました


何度も見てみるもんですね


さっそく、その嬢を指名してみました


一応、マッサージという体で、スパンスパンするお店です


2階に上がり嬢と一緒にシャワーを浴びます


シャワー室とトイレが一緒だったのですが、私がシャワーを浴びている間、嬢は隣のトイレで普通にしていました


もちろん、小さい方ですけどね


何となく、セクシーな感じでした(笑)


身体を洗った後、シャワー室から出ると、めっちゃ刺青が入ったファランに出くわしてビビりました


部屋はカーテンで仕切るだけの、超簡易な個室なので、隣でのスパンの音が良く聞こえます


「パンパンパン!!」


「アンアンアン!!」


・・・


THE 置屋ですね(笑)


で、今回私が指名した嬢は、顔はかなり綺麗で尚且つ、巨乳というかなりレアな嬢でした





全然、タイ人っぽくないんですよね


全裸でベッドに横になるように言われたので、仰向になって寝ころびます


嬢はオイルを数滴たらして、軽くマッサージしてくれました


15分くらいマッサージして貰ってから、スパンのお誘いが来ました


混み込みで2000バーツ


最初からスパンする気でお店に入ったので、2000バーツで応じます


Soi6に比べたら、高めですね


嬢はさっそくブロウジョブをしてくれました


あんまり上手では無いけど、綺麗な嬢にしてもらうと、それだけでも興奮します


ブロウジョブの後は適当に愛撫してから、インサート


反応はかなり良い感じ!!


「はぁはぁ」からの甲高い喘ぎ声に変わる感じが非常に良かったです


正常位で突きまくりました(笑)


最後はバックでフィニッシュしたかったのですが、嬢に足でロックされていたので、正常位のままフィニッシュ!!


フィニッシュ後は嬢と一緒にしばらくグッタリ


良い運動の後は、どうしても疲れてしまいますね


抜いた後は、嬢に綺麗にして貰い、シャワーへ


明るいところで見ると、やっぱり美人さんです


一発やってさよならするには勿体無い程の嬢なので、LINEを交換しておきました


一応、連れ出し可能か聞いてみましたが、連れ出しはOKらしいのですが、一泊するのはNGとのこと・・・


仲良くなればいけそうですけどね


嬢に2000バーツ払い、お店を出ます


さて、この後ですが特に予定は無いです


Soi6へ行こうか、それとも馴染みのブロウジョブバー行こうかで悩みましたが、場所的にブロウジョブバーの方が近いので、007へ行くことにしました


気合を入れるため、途中のコンビニでエネルギー注入





缶タイプのレッドブルです


コレ、開ける時は注意してください


私は上手に開けられず、蓋が付いた状態で飲み干すことになりました(笑)


日本のように炭酸入ってるのかと思いましたが、ビンタイプとほぼ同じです


どのあたりがEXTRAなのかは不明です


あと、ソンクランが近いということもあって、コンビニにはウエポンが常備されていました





エネルギー注入後はバイタクに乗って、007へ


前回お世話になった嬢がいるかなぁと思って入店しましたが、今回はおりませんでした・・・


というか、LINE交換しておけば良かった・・・


何人かアプローチしてきましたが、微妙な感じ


ちょっと良さそうな嬢は既に他の客の腕の中


お尻揉まれまくっていました(笑)


シンハビアを飲みながら、しばし涼んでいると、また一人嬢がアプローチかけに来ました


嬢「私、あなたの事覚えているわ」


私「え、本当に??」


嬢「えぇ、○○と一緒に居たのを覚えているわ」


嬢「私はあなたの事見てたけど、あなたは私の事全然見てなかったわね(笑)」


という、感じで全然タイプでは無かったのですが、暫くお喋りしていました


まぁ普段ならタイプじゃない嬢にはお帰り願うのですが、この嬢、ことあるごとにSEXアピールをしてきます


さっきの会話も、





嬢「私、あなたの事覚えているわ」耳の穴ペロペロ


私「え、本当に?」チンコニギニギ


嬢「えぇ、○○と一緒に居たのを覚えているわ」耳の穴ベロンベロン


嬢「私はあなたの事見てたけど、あなたは私の事全然見てなかったわね(笑)」ズボンの中に嬢の手侵入





という感じです(笑)


このお店だと、上記プレイは至って普通なのですが、タイプでなくてもここまでされると追い返せなくなりますね


話のネタが尽きると、本格的にアプローチを仕掛けてきて、私の股間に顔を埋める始末


エロスイッチが入ってしまったので、諦めて嬢に抜いてもらう事にしました


今回は2階の個室に行ってみました






こじんまりしていると思ったら、大分広いですね


嬢はササッと服を脱ぎ捨て、私をベッドに押し倒してきました


耳穴攻撃をされた後、ズボンを脱がされ舐め舐めされました


非常に気持ちが良かったです(笑)


やはり、007良いですね!!


顔は全然好みでは無いですけどね!!!


ブロウジョブは技術もそうですが、いかにエロく見せるのがポイントだと思います


007の嬢は、手も使いますが、口撃メイン


そして、口だけでなく、ほっぺたでスリスリしてくるのがエロ心に響いてきます


嬢のエロエロテクニックにあっという間に発射してしまいました





非常にすっきりした後は、トイレで用を足してお店を出ました


全部で1300バーツ


安いっすね!!


バイタク拾って、一旦WSに戻ります





汗かきまくっていたので、夜遊び向けに着替えないといけませんからね


何よりも清潔が一番です!!


ホテルに行く前に、ちょっとお腹が空いたので、WSのメイン通りから外れた適当な路地の屋台でご飯食べました





40バーツ


肉がジューシーで上手いです!!


で、ここで重要なのが嬢のチェックです


この時間になると屋台で夜ご飯を購入する夜の嬢が多いです


あらかじめ、ここで可愛い嬢をチェックしてどのお店に入るか見たりします


・・・完全にストーキングですけどね(笑)


ただ、ここタイではストーキングがバレても嬢は怒ったりせず、むしろ笑顔で答えてくれます


なので、果敢に攻めましょう(笑)


因みに、今回気になったのはこの嬢





ギャルっぽいけど、結構顔は可愛い


話しかけたかったのですが、汗ダラダラで、不審者と思われそうでしたので止めておきました(笑)


バーミヘンを食べ終えた後は、メイン通りでさらにガイヤーンも追加購入





素晴らしきガイヤーン


そして、シンハビア





タイに来て良かったです(笑)


ガイヤーンとビアを飲みながら、WSを行きかう人々を眺めていました





時たま、腰を上げて見入ってしまうほど、綺麗な嬢が居るのですが、大抵ファランを連れて歩いています


本当に、何処であんな可愛い嬢を発掘してくるのでしょうかね??


後は、やっぱりツアーの観光客が多い


ツアー観光客は中国人??なのかな??


バンコクではあまり見かけませんが、パタヤのWSでは毎日見ますね


それにしても、ツアーで観光するくらいなら、単独で行っちゃいますけどね(笑)


ビアはもう一本行きたかったのですが、夜に備えて一本でチェックビン


ガイヤーンも食べ終えちゃいましたらね


ホテルに戻り、シャワーを浴びて新しい服に着替えます


ちょっと時間的にまだ早いですが、夜遊び開始です!!


つづく

-2016年4月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.