最近更新した記事 2016年4月タイ・パタヤ旅行

パタヤのバービア嬢&カレブラン編ブロウジョブ ~裏編

更新日:

~裏編


LKメトロのバービア嬢に狙いを定めておりましたが、空振りに終わり、結局前回お世話になったバービア嬢をペイバー


ふと思ったのですが、やはり酒飲み強い嬢はお金かかりますね(笑)


酒代+ペイバー代金ですから4000バーツくらい


それでも、ゴゴ嬢よりかは遥かに安いですけど


今回ペイった嬢はお酒は少ししか飲めないので、飲み代が殆どかかりません


ソンテウでWSまで移動し、ホテルに連れ込みました


嬢はさっそくベッドに潜り込んでしまいました


私はもうちょい遊びたかったので、嬢を部屋に置いて単独でWSに繰り出しました


結局、ペイバーは出来ないので冷やかし程度で終わりましたけど(笑)


ホテルに戻った後は、私も嬢と一緒に朝まで寝ました


朝は昨夜ブンブンしなかったせいなのか、ムラムラして早起きしてしまいました


嬢はまだ覚醒していませんでしたが、愛撫を続けているうちに濡れ濡れに


嬢をペイる醍醐味の1つが、好きなときに女性の身体を弄れるってとこですよね(笑)


夜でも朝でも触り放題です





お尻のプリプリ感がたまりませんね





私は胸派か尻派かと聞かれたら、尻派でしょう


貧乳でもお尻が良ければノープロブレムです


因みに、胸はこんな感じですね





触っているうちに乳首立ってきましたね


下半身の方は指入れると糸引く感じになってきました


こんな状態になっているにも関わらず、嬢は狸寝入りを続けます


それならば!!ということで、本格的に手マンしてあげようとしたら、止められました


ならばならばと、ゴムを着けて背後からインサートしました


何故か止められませんでした(笑)





くびれが非常に綺麗です







そして、ハメハメ





バックから突いた後は、アイマスクを着けて再び悪戯します




正常位で再びインサート


嬢は喘ぎ声出さないように口塞いじゃってますね


最後はお互い、裸一貫で激しくフィニッシュ致しました


そいえば、表編で書きましたが、「お仕置きベッド」は不発に終わりました・・・


これ、ローション付きとかだったので、初のローションプレイにかなり楽しみにしていたんですけど、上手く誘導できませんでした


まだまだ経験不足ですね!!


さて、お次はソイハニー通りの嬢とスパンしました


ブロウジョブバーの新規開拓はこちらも不発に終わり、その代り綺麗系嬢と知り合いになれたので、成果としてはまぁまぁですね


おっぱいプルンプルンで尚且つ感度良好で素晴らしい嬢でした





オイルでヌルヌルのおっぱいを鷲掴み





騎乗位でスパン開始し、最後は正常位で


プルンプルンに揺れるおっぱいと、美人の喘ぐ姿にいつもりちょい早めに発射してしまいました






確か、嬢の年齢は22歳


やっぱり20歳越えの嬢の方が感度良いです


生卵より、半熟卵の方が美味しいって感じですね(笑)


LINEを交換したので、お次はホテルでちゃんとスパンしたいですね


このお店、かなり狭いし本気で腰振るとベットのきしむ音が凄いです


嬢の喘ぎ声も大きくなる代わりに、ベッドのきしむ音も大きくなります


さてさて、一応スパンは済ませられましたが、何となくブロウジョブして貰いたかったので、007へ行きました


好みの嬢は居ませんでしたが、濃厚なエロ接待に負けて結局咥えてもらう事にしました


2階に上がり、嬢に咥えて頂きます


嬢は何故か全裸になり、やる気(咥える気)満々です


ズボンを脱がされ、さっそくぱっくんちょ


本当にチンコが好きなんだなぁと思うほど笑顔で咥えてくれます


タマタマにも吸い付くように舐めてくれました


玉舐め→





カリ舐め→







ジュボジュボの繰り返し









007のブロウジョブ嬢は若くてもかなりのテクを持っておりますね!!


特に喉奥まで咥えるフェラは素晴らしかったです


最後はリクエストで喉の奥に咥えて貰った状態で発射!!


・・・やっぱりブロウジョブは最高ですね


発射後は嬢と一緒にお手洗いで口ゆすいだり(嬢が)用を足したり(私が)しました


ブロウジョブの後は用を足すことをお勧めいたします


1階に戻った後は、もう十分スッキリしたので、チェックビン


1300バーツ也


安いナリ


007は非常に安定しておりますね(笑)


あ、因みに夜遊び辺の裏編は・・・・ありません・・・・


酔いすぎて写真撮る気力も無かったのです・・・


ということで、次回はちょっと飛びます


つづく

-最近更新した記事, 2016年4月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.