2016年6月タイ・パタヤ旅行

2016年6月タイ・パタヤ旅行 その① 今年最後のタイ(パタヤ&バンコク)旅行

更新日:

一日目


ついに今年最後の訪タイ


何度も言いますが、最後の訪タイなのです


今回はついに貯まったマイレージを使ってのJAL


羽田の深夜発でスワンナプームにて旅立ちます


問題は会社を定時に退社出来るかです


が、1時間30分オーバーで退社


荷物を取りに一端家に戻る必要があったので、結構ギリギリでした


荷造りの最終確認を終え、Webチェックイン後のEチケットを再印刷し、ダッシュで羽田へ


道中暇なので、久しぶりにハンターハンターの単行本を購入





文字数多かったですが読み応えあって良かったです


羽田に着いたら直ぐ様チェックインカウンターへ





混んでるかなぁと思いましたが、スッカラカン






5分程度で荷物預け終わりました


というか、わざわざWebチェックインしてたのですが、「手荷物カウンター」の方が混んでいるという・・・


機内に荷物を預ける場合は、JALならWebチェックインしてもしなくても変わらなそうですね


イミグレへ向かう前にいつものら~めん屋へ


ラーメン&ビール=タイ旅行


普段の私生活では中々見られない光景ですね








腹を満たし、イミグレへ





今回はアダルティな道具は全てスーツケースに預けたので、何事もなく通過


イミグレも空いていたので、搭乗まで1時間30分ほど暇に


免税店で、煙草を1カートン購入








まさかの初購入でした


タイには1カートンまでしか持ち込めないと聞いていたので、引換券を大切に保管





その後は羽田空港内を散策











コンドームやオナニーグッズが空港内で販売されているのに驚きを隠せませんでした


でも、ディルドとか女性用のは無いのですね


何故でしょうか


さらに彷徨っていると、ハートランドビールを発見





これあまり売ってないんですよね


搭乗時間まで暇なので、購入してドリンク





マッタリしてたら、搭乗時間近くになったので、ゲートの近くの席に移動





バッテリーチャージが出来るエリアだったので、非常に快適





快適過ぎで、横になっちゃってる人もいますね


私は中々真似できません・・・何となく、外人がやるのと日本人がやるのだと見た目が大いに違うのですよね


まぁそもそもやりませんけどね(笑)


定刻通り0:40分にスワンナプームへ





やることナッシングだったので、スターウォーズ フォースの覚醒を見てました






あまり、面白くなかったです(笑)


5:00頃にスワンナプーム到着





相変わらず、タイ行の機内では寝ることが出来ず、寝不足気味ですが、そんなの関係ない状態です





このスワンナプームのイミグレを見ると、興奮します(笑)


変態かもしれませんね


イミグレは早朝にも関わらず結構混んでおります





荷物を機内に預けているので、特に急ぎません





イミグレ通過後、自分の荷物を取りに行きます


何か久しぶり


で、以外と早く自分の荷物が排出されてきました(笑)


さっそく外へ





そして、いつもの通り、SIMを購入





さて、新たな相棒、Xperia Z5CにSIMを差し込んで頂き、疎通確認…


問題無さそうです!!


電波良好、操作も良好、カメラ画質も良し!!


購入したのは間違いでは無かったようですね


一応、参考までにですが、Amazonで購入しました


https://www.amazon.co.jp/dp/B016UCFN4Y/ref=cfb_at_prodpg


出品先はモバイルアウトレット



1階まで降りて、今度こそバスに乗ってパタヤに向かいます





が、私の手前で次のバスが7:30に変更





ガックシ来て、列から離脱


Magic Foodで朝御飯を食べることにしました


前回買ったときの引換券があったので、豚肉のぶっかけ飯を注文したはずが…





オバチャンミスって、豚肉オンリーに


まぁ、サービスでライスを頂きましたので、ノープロブレム






あ、引換券で思い出したけど、煙草のチェック何も無かったな…


この引換券は何だったのだろうか…


ご飯を食べ終え、意気揚々と4階へ移動


バスは諦めました(笑)


スーツケースガラガラと引っ張りのも面倒だし


1300バーツで、パタヤまで行ってくれる運ちゃんが居たので即決





朝早いので道路はガラガラ


そいえば、前回は思いっきり事故った車を目撃したので、安全運転をお願いしたいところです


ただ、私が望んでも運ちゃんは130km/hでの走行を止めず、軽い凹凸が有るだけでも、頭が天井にぶつかるレベル


ここで、死んだら、皆にはヨーロッパに行くことにしてるのですが、その嘘がばれますね


まぁ、死んだら関係無いか…


無心でリアルタイムのブログを書くことにします


何度か頭をぶつけているうちに、パタヤ到着


久しぶり感0ですね


裏道を通り、やっとパタヤビーチが見えてきました











そして、あっという間にWalking Street





さっそく可愛いタイ嬢がいらっしゃりますね





早朝ランニングを終えた兄ちゃん達もおりました





私もロングで滞在出来るなら、パタヤの早朝ランニングしてみたいですね


上半身裸で走る度胸は無いですけど(笑)


定宿にチェックインします





このおばちゃん、全く愛想が無かったですね


「サワディーカップ!」と元気よく挨拶しても、「はいはい、サワディ~」みたいなノリです


しかも、ずっとスマホで弄ってました(笑)


アーリーチェックインOKだったので、とういかこのホテルにアーリーチェックインの制度があるのか不明ですが、丁寧にお礼をしたら、やっと愛嬌あるタイ人らしい反応に変わりました


さて、お時間は朝の7:30ちょい過ぎ





バスを待っていたら、今頃まだスワンナプーム空港近辺でしょう


まさに、時は金なりですね


1300バーツ払う事で、数時間早くパタヤに着くことができたのですから


部屋は希望通りの角部屋





恐らく、ホテルレビューは皆さん興味無いと思いますので、割愛します(笑)


ただ、これだけは割愛出来ないだろうと思いましたので、ご紹介いたします


7泊8日のタイ・パタヤ&バンコクを共に旅する仲間たちです





ますは恒例のスパンのお供ですね


今回もパタヤ嬢は駄目かもしれませんが、安心してください


元バカラ嬢がおります


そうです、今回は2泊バンコクに滞在するので会おうかと思っております


お互い裏の顔(変態)をさらけ出しているので、何でもアリです(笑)


そして、いつもわが身を守ってくれる装備品





今回は、超極薄のコイツに期待しております





とりあえず、10個ほど鞄に忍ばせ、早速遊びに向かいます


Walking Streetの中は朝でも賑やかなバーがあります





建物の下にあるバーなので、雰囲気はまさに夜のバー





DISCO明けの嬢がビリヤードに興じております


シンハビアを片手にバー内を巡回





何人からか声が掛かりましたが、微妙そうなので笑顔でスルー


エロい格好してビリヤードをしている嬢が居たので、その付近に陣取ります


ただ、どうやら先客が居るっぽいのであまり無理はせず、ビリヤードをする嬢のお尻や胸の谷間に注力しておりました


暫くすると、おっぱいがちょっと大きい嬢からアプローチを受けます


ドリンク一本奢ってあげると体を密着させてきます


これは大丈夫そうだなぁと判断し胸をまさぐります





ホテルに連れ帰れそうでしたが、私が一番気になっていたのは、私の真後ろでダウンしている嬢





さっきまで元気に私とハイタッチしてたんですけどね(笑)


店員さんに聞いたところ、彼女はブロークンハートだそうです


しかも、一人でこのバーに来て飲みまくってたらしい


さっきからお尻を掴んだり、結構激しいお触りをしているにも関わらず、全く目覚める気配がありません





ちょっと可愛そうだったので、お水を進呈


嬢「…ありがとー」


ゴクゴク飲み干し、再びダウン


回りのスタッフから、連れてけ、連れてけ、スパンしろ、スパンしろのコールを受けホテルで介抱することに


それにしても、ここの店員?なのかお客さんなのかちょっとヤバめな方もいらっしゃいますね


お薬系誘われましたが、断固拒否


嬢を連れてバービアを出ます


ホテルまでは、数歩の距離


道中、嬢は「No SEX、No SEX」と訴えておりました


ただ、「バグして」とも言ってました


私としては既に散々お尻を揉ませて頂いているので、我慢しようかなと


ホテル着きました





嬢はベットに潜り込み、


嬢「一緒に寝よう~(SEXしようよ!)」





さて、じゃあ寝ますか(OK!SEXしよう!)


朝から就寝


普段なら今頃、ソイハニーのエロ通りを駆け回っているところですが、何故にこうなったのだろうか


とりあえず、夜に備えて真面目に寝ようかなと思ったら、嬢が手を繋いできました


握り返すと、ごろんと此方に顔を向けてスヤスヤと眠ります





あら、これ、本当にスパン出来そうな気がしてきた


嬢の唇を指でなぞると甘噛みしてきます


そのままキスしてみると、ベロチュウに早変わり


調子に乗ってパンツ超しに手マン


ダメダメ言ってたけど、何だかんだで昇天


抵抗の証なのか、嬢に手を抑えられてたけど、全然止めようとする気配がありません


ベロチュウは無抵抗、手マンはちょい抵抗…ここまで行けば…


嬢「No SEX...」


だよね、約束したしね…


暫くすると、嬢から此方の股間をサワサワ


でも、しようとすると、「No SEX」とのこと


じゃあ、挿れないで擦るだけにしよう!と提案


それならOKと嬢、パンツを脱ぎます


…ヤル気満々なのでは


ゴムを着けて擦ります


嬢、「ハァ、はぁ」と喘ぎだします


擦っていると、ガッ!!と抱き締められ…自然の流れで挿入


こうなると思った(笑)


正常位でのスパンでしたが、女性の方からも合わせて腰振ると、ここまで違うものなのかと実感


やはり、相性というか求め会う心がスパンでは大切ですね


凄い勢いの正常位で、20分と持たず発射


嬢のアソコ締まりすぎて凄かったです


たまに居ますよね(笑)


レインボー嬢のスパン以来かも


余韻を楽しみ、じゃあ抜こうか、と思ったら、何やら赤っぽい


結構血が出ておりました(笑)


レディースデイですね


あ、ベットのシーツにも血が...


とりあえず、濡れたティッシュで拭いてみましたが、完全には綺麗になりません


部屋の清掃を頼もうとしましたが、ここは16:00以降は清掃不可


まぁいいか


嬢はまだ眠そうですが、そろそろ帰るとのこと


何にもお金が残っていなかったらしく、交通費として300バーツ程渡しました


で、帰ろうとした時に、妙に外が煩いなと思ったら、またコイツでした





スパンが終わるころにいつも窓際にいるような気がします


話を元に戻しますが、最初は、夜の嬢かと思ってたのですが、この嬢、実は、Hiltonホテルで働いているそうです


Hiltonって、あのセントラルフェスティバルの上にあるホテルですね


驚きです・・・


特に連絡先を交換する必要もなさそうだったので、何もしませんでした


帰り際に、嬢にちょっと今回の経緯について語られました


彼氏と別れて、ヤケ酒しまくり、友人とディスコで騒ぎまくってたらしいです


嬢はディスコやバービアでファラン達から熱烈なアプローチを受けてたらしいですが、全拒否


そして、恐らく最後であろうバービアで私と遭遇


身体のデカいファランは怖いけど、貴方は小柄だし日本人だし、キュートだから、ホテルOKしたとのこと


キュートって、タイ人より顔が黒い私のどこがキュートなのだか・・・


というか、小柄な日本人であれば、嬢も安心してホテルまで着いて来てくれるものなのですね


最後に、嬢とハグしてキスして・・・ホテル前でお別れします


さて・・・と


じゃあ、夜遊びしてきますか!!


時間もちょうど良いですからね





時刻はちょうど6:00頃


円→バーツに錬金しておきます





今日はいつもと違い、元気マックスです!!


先ほどまで嬢とマッタリ寝て居ましたからね(笑)


ゴゴ嬢をペイって、ディスコにでも繰り出したい


コンビニに行って、恒例の飛びっこマヨネーズを買おうとしましたが、無いので似たようなのをチョイス





夜の部スタートです!!!


つづく



-2016年6月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.