2016年6月タイ・パタヤ旅行

2016年6月タイ・パタヤ旅行 その③ パタヤ ゴゴ嬢とディスコで疑似恋愛気分!!だけど結局1人寝・・・

更新日:

一日目 夜中の部


PALACE嬢を1500バーツのバーファインで外に連れ出し、ディスコへ


因みに、ショートの契約の場合は1000バーツのバーファインとなります


とにかく、高いですね・・・


当時の私はあんまり激しくドリンキングしていなかったので、意外と冷静だったかもしれません


冷静の割に、道中でセクハラ気味でしたけど


808は既にオープン


店内はそこそこお客さんがいる感じでした


2人で出口側のカウンター席を陣取り、早速ボトルを入れました





ジャックダニエル ブラック 40度 700ml





コーラも3本頼みます


因みに、ジャックダニエルのお値段は約3000バーツ


価格.COMで見ると、お値段約2000円


ディスコ価格でおよそ一般的なお値段の5倍!!


まぁこういうの気にしてたら楽しめませんけどね・・・


ただ、ジャックダニエルってそんなに高かったけ!!?と思ったのでつい調べてしまいました(笑)


嬢がテンション超高く、ダンスしまくりのはしゃぎまくりでした


ゴーゴーバーのステージの上では、ただ身体を左右に揺らしてただけなのにね


嬢、調子に乗って、テキーラオーダー





2人で乾杯して、気分最高潮です


大音量のサウンドと度数の強いアルコールを飲み続けます


脳内がアホになりそうです





嬢も頭の中がおかしくなったのか、「カモン!カモン!!」言ってきます


嬢に近づくと、まさかのベロチュウ


チュッチュを飛び越して、いきなりの濃厚接触


嬢のベロの感触が凄いです


そのまま、身体をグラ~ん、グラーンと揺らしながらベロチュウを続けていると、何か本当に目の前がグラグラしてきました


お酒が大分廻っております


周りのお客さんも次第に増えてきて、ドンドン盛り上がっています






音楽と酔いと疲れとベロチュウのし過ぎで、ついついTwitterで「パタヤ最高!!」何て呟いておりました


トレイの写真と共に





そいえば、バンコクのゴゴでも良くトイレの写真撮ってたけど、何だろう、癖なのかな


トイレから戻ると、嬢が落ちかけていたので、ボトルキープしておいてディスコを退散


808を出ると、何だか外が明るく感じます





それにしても、本当に人が多い


夜中に活動している人類が世界で一番多い場所なんじゃないでしょうか


フラフラの嬢が「もう一軒行こう!!」と言うので、嬢の友達?のいるゴゴへ





ドリンクゴチ祭りが行われるのかと思いきや、ボス一人に奢って終了でした


嬢はフラフラした手つきでビールを取り、ゴクンゴクン飲みます


大丈夫なのだろうか


何かデジャブ感満載なんだけど


ボスに一杯奢って満足したのか、そろそろホテル行こう、とのこと


ホテルは歩いて2分も掛からないので、速攻で到着


嬢はベッドに寝っころがったと思ったら、ダッシュでトイレへ


やはり・・・


暫くして、ヨレヨレの感じでベッドにダイブ





飲みすぎでしょ


まぁ楽しそうだったので、何よりですが・・・


でも、まぁ折角全裸になって頂いたので、やる事はやっておきましょう


アソコはそれなりに湿っていたので、前戯無しで挿入


突いていると、普段の声は何だかおばちゃんみたいなのですが、スパンの時は、可愛らしい喘ぎ声をあげます


寝バックに切り替え、ひたすら突きます


正直、酔っているせいか全く発射する気配がありません


なので、突いて突いて突きまくっておりました


最後、結局フィニッシュしたのか覚えておりません(笑)


とりあえず、嬢の喘ぎ声が可愛かったので、その声を出させるためにピストン運動していたっというのは覚えています


スパン後は、嬢はトイレに立てこもり、暫く出てきません


ようやく、出てきたかと思えば、もう帰るとのこと


え、ロングでペイバーしたんだけど・・・


色々と抗議しようとしたのですが、嬢も私も酔って疲れていたので何だかどうでもよくなりました


ロング代金5000バーツを支払、嬢は帰宅


私も酔いとショックで水も飲まずそのまま寝てしまいました


翌朝 二日目の朝


思った以上に調子悪くない


性欲もかなり回復している


冷蔵庫に保管しておいた水を一気に飲み欲し、スマホの充電など身の回りの片づけをしました


で、肝心の財布の中身を恐る恐るチェックしたのですが・・・





ヒェ・・・


400バーツ位しか残っていません


20000バーツくらい有ったのですが、一晩で16000バーツ、日本円で約4万円くらい使ってしまいました


恐るべし、ゴーゴーバー


でも、良く考えるとバンコクでは毎日ゴゴで遊んでたわけで、だいたい4万円くらい使ってたな


半分の2万円が嬢へのチップとバーファイン、残り半分がゴゴでの飲み代って感じでした


・・・まぁいっか


とりあえず、性欲と食欲を満たすために、外に出ます


まずは、食欲の方を先に満たしておきます





毎日一個、飛びっこマヨネーズ


それにしても、良い天気ですね(笑)


外出して5分くらいで汗かいてきます


とりあえず、バーツが不足していたため、両替所で急遽バーツを補充しました





そして、さらに空腹を満たすため、近くの食堂でバーミヘンを食べることにしました





ただ、ここの食堂、屋台の倍くらい高いです





バーミヘン80バーツですからね





まぁバンコクのバーミーヘンに似た味付けだったので、良しとしましょう


全然汁っぽくなくて日本人受けする味付けだと思います


近くに、ナーラックな嬢達が食事をしていました





特にピンクのカーディガンを来た女性、中々の美形です


でも、声掛けたらシカトされそうですね(笑)


小心者の私は眺めるだけで、後はひたすらバーミーヘンを食べるのに夢中になっておりました


ただ、さぁ、食べようと箸を持つと、右手の小指付近に妙な痺れが・・・


飲み過ぎかな? そのうち治るだろうと、気にせずバーミヘンを完食


食事を終え、次に目指すはエロマッサ


ソンテウに乗り込んで、ソイハニー通りへ


ソイハニー通りをセカンドロード方面に向けて歩き、良きエロ嬢に遭遇することを祈り散策を開始します


暫く歩いていると、スタイル良さげな嬢を発見します


早速、お店前まで行くと、ママさんが「この娘でしょ(笑)」と私の狙っていた嬢を見事当てました


そんなにガン見してたかな


タイ人女性の視力の良さと、記憶力の良さはもう折り紙つきですね


あと、勘の鋭さもですか(笑)


さて、実際にこれからオイルマッサをして貰うのですが、どうやらこの嬢、かなりのシャイガール


テテテテテッとどっかに消えてしまいました(笑)


暫くすると、マッサの準備を済ませカーテン付の個室に戻ってきました





私は既にシャワーを浴び終え、準備完了


嬢にうつ伏せになるように言われます


で、腰に巻いてたタオルを恐る恐るというか、遠慮がちに剥がされます


暫くは普通に背中のマッサージです


可もなく不可もなくって感じですね(笑)


暫くし、背中のマッサージを終え、さぁスペシャル来るか!!と待っていたのですが、そんなイベントは発生せず


嬢「はい、終わりよ。シャワー浴びて」


私「え、あぁ終わりなんだ」


嬢「そうよ、1時間経ったもん」


胸とか太もも触っても大丈夫だったので、てっきりスパンありかと思ってたのに…


諦めて、シャワーに行こうとしたら、ママさんが裸ん坊でシャワー室から出てきました


もう、おばちゃんなのに、まだまだ現役のようですね


この身体に興奮するファランは一体どういう性の思考回路をしているのだろうか


ママさん「ここにいるレディーは皆ブンブンOKよ」


と全てを理解した上での発言


顔がニヤついてます


というか、嬢はやはりシャイガールのようです


ママさんに促され、


嬢「ブンブン…する??」と俯きながらのお誘い


何これ


何かこっちが恥ずかしくなってきた


ママさん、嬢を個室に押し戻し、カーテンを閉めて接客中のファランの元へ


嬢は棒立ち状態で俯いたまま


とりあえず、ハグしてみると、嬢もそんなに嫌じゃなさそう


ブラのホックを外して、後ろから生チチ揉んでたら、嬢の方からキスしてきました


とりあえず、嫌われて無さそうだったので一安心


そのままキスしたままズボンを脱がせて、軽く手マン


割れ目に沿って指をなぞりつつ、膣内を弄ると、ちゃっかし濡れております!!


嬢もやっぱり意識していたのでしょうかね


前戯した後に、正常位でインサート


あ、そいえばスモークして貰うの忘れてた・・・


それにしても、非常にスッキリとしたボディです


無駄な肉が全く無い





腰のクビレとお尻のガッツリ感がたまりませんね(笑)


キツキツマ〇コだったので、早々にフィニッシュしてしまいました


もうちょっと頑張りたかったのですが(泣)


お会計は1300バーツ程


嬢とはLINEを交換し、また遊ぶことにしました


嬢とママさんに見送られ、お店を出ます


で、この辺りから体調に異変が・・・


まず、右手の薬指の外側から小指全体にかけて、妙にしびれます


朝も何となく痺れている感じがあったのですが、それが顕著になりました


飲み過ぎかと思いましたが、よくよく痺れている箇所を見ると、虫に刺されたような跡があります


たまたまなのか、これが原因なのか・・・


さらに、足元がおぼつかない感じもします


これは完全に飲み過ぎのせいでしょう(笑)


今日はエロエロは止めて体力回復に努めようかな・・・


ということで、健全マッサージに行きます


つづく



-2016年6月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.