Uncategorized

TM的パタヤの魅力について

更新日:

こんにちは、TMです


11月の海外旅行に向けて、タイに行くか、それともベトナムに行くか現在進行形で迷っております。


航空券を調べると、タイであれば3万5千円、ベトナムなら5万円ってところです


タイ行きは成田までのバス・電車とパタヤまでのタクシー費用がこれに加算されるので、どっこいどっこいって感じです


多分、私的な遊び方であれば、タイが合っている気がするのですが、今はベトナム嬢が気になって仕方が無い


色白で巨乳で、スタイルが良い、そして何と言ってもアオザイ


アオザイを着たベトナム嬢とスパンしてみたい!!


と、昨日は殆どベトナム風俗情報と睨めっこしておりました(笑)


でも、やっぱりタイも行きたい・・・


う~ん、どうしようかな


という感じで、一日悶々としていたわけですが、ちょっと書きたい記事があったので記憶が鮮明な内に残しておこうと思う事があります


それは、


パタヤの魅力、について(笑)


なぜか、(笑)が付きましたが、合計7回もパタヤに行くほど嵌ったので、私なりに色々書いてみたいなぁと思いました


ということで、ほぼ自分の備忘録のためですが、興味持って頂けたら、以下も読んでください!





では、私的パタヤの魅力について、書きたいと思います



①空港からのアクセス


 border=0


タクシーでドンムアン空港から2時間、スワンナプーム空港からは1時間30分~2時間とかかります


これは、もうしょうがないです


日本から6時間もかけて、やっとタイに着いたと思ったら、そこからまた2時間かかるのです


計8時間以上!!


でも、タイに来た!!ってだけでテンションダダ上がりなので、私はあんまり気になりません(笑)


パタヤへ向かうタクシーの移動中は愛しき嬢とLINEでもしていれば、2時間何てあっという間です


バスでパタヤに向かう方法もありますが、流石にそこまでは待っていられません


未だに、エカマイのバスターミナルに行ったことないですからね!


バスだと、確か300バーツくらい?でもタクシーだと1500バーツ、およそ5000円くらいです


タイムイズマネーという言葉もありますが、バスの方が遥かに安いです


どちらを選ぶかは、人それぞれかなぁと思います


ということで、ここは我慢ですね(笑)


②パタヤ市内の雰囲気


 border=0



パタヤはリゾート地なので、バンコク(アソーク)とはまた違った感じがします


全体的にパタヤの方はだらしない空気が漂っており、皆でダメになろう!って感じですね(笑)


バンコクはもうちょっと凛としている感じがします


パタヤからバンコクに戻ると、車の交通量の多さと、排気ガスが入り混じったタイ独特の空気、「バンコクに戻って来た!」と実感します


そして、ターミナル21とそれに隣接するBTS、MRT


人、人、人、人


めちゃ人が居ます(笑)


ただ、地上に降りると、何となく発展途上的な側面もあります


上を見上げると、ターミナル21やBTS高架線が走っており、都会な感じですが、地上はいかにもタイって感じの街並みが残っております


これは、これで好きなんですけどね(笑)


で、パタヤはそういう境界線は無く、無くというか、ぐちゃぐちゃに色んなものが混じって1つになった感じがします


何となく統一感はパタヤの方がある気がします


これ表現するの難しいですね(笑)


因みに、バンコクの方が皆さんちゃんとした服装です


それに、ターミナル21付近は綺麗な女性が多くて、目の保養になるかと思います


ファラン女性もバンコクの方が綺麗な人が多いです


パタヤは男女共にダラダラなファッションですし、完全に気が抜けている状態だからか「おぉ美人!!」のような人は見たことないです(笑)



③食事について


 border=0


パタヤでは、(美味しい)日本食はほぼ無いと思って頂いた方が良いかもしれません


セントラルフェスティバルに行けば、多分お店自体はあるとは思いますが、バンコクの比ではありません


バンコクでは日本人街などもあり、日本語の看板などを見かけますが、パタヤは殆ど無いです


たまにありますけど(笑)


とは言っても、日本食が無くても洋食はあるので、どうしても日本食じゃないと嫌って方以外は特に気にする必要はないと思います


それでも、宣言しますが、タイ料理以外の”食”に重きを置くならば、絶対にバンコクが良いと思います


お洒落なレストランやバーなどは圧倒的にバンコクの方が多いです


そもそも、パタヤにお洒落なんて言葉は似合わないと私は思います


タイ料理が大好き!!というか方は、こんなブログ読まなくても大丈夫です(笑)


因みに、屋台のタイ料理は、パタヤの方が好きです


私の行動範囲にはいつも沢山のお腹を空かしたレディー達が居るので、必然的にタイ飯の屋台がたくさん来ます


勿論、バンコクも美味しいのですが、屋台の数の多さ、料理のメニューの豊富さ、など初心者としては色んな料理に出会える機会がパタヤの方が多いと思います


ガイヤーンの屋台なんて、そこら中にありますからね(笑)


あと、何度も書いていますが、パタヤのガイヤーンは種類が豊富で、そして美味しいです


これは、是非チャレンジして頂きたい


心配な方は、Walking Streetのガイヤーン屋台でチャレンジするのが良いと思います


何故なら、ゴゴバーやディスコではお酒、飲みますよね?


で、アルコールを大量に摂取すると、お腹空きますよね??


Waking Streetには沢山の屋台があります


その中でも、ガイヤーンの屋台の見てくれは最高です


鶏肉、豚肉、どれも最高に美味しい


何故か、夜中はたくさんコショウをかけてくれます


シラフの時は我慢出来てたと思いますが、お酒に酔ってしまったら、食欲に任せて食べてしまいます・・・よね?


まずは、一本から行ってみましょう!!


迷っていると、近くにいるゴゴ嬢から「美味しいわよ?」とお勧めされます


私も最初はデロンデロンに酔っぱらって、ソイカウボーイの通りの屋台の焼き鳥が美味しそうだなぁと見ていたところ、ゴゴ嬢から背中を一押しされ、ガイヤーンを食しました


それからというもの、ガイヤーンに続き、バーミヘン、カオマンガイ、ソムタム等々、タイ飯のレパートリーが広がりました


タイ飯が美味しすぎて、それまではタイに行くと痩せて帰ってきたのが、今では肥えてしまうほどになってしまいました


タイ旅行、2,3回目くらいまでは、ペッパーランチとか、寿司とかをターミナル21で食べて居ましたからね(笑)


④パタヤ市内のアクセスについて


 border=0


バンコクはBTS(高架鉄道)、MRT(地下鉄)が通っており、何処に行くにも電車があるので、非常に便利です


では、パタヤは?というと


パタヤには電車、ましては地下鉄など存在しません


その代り、ソンテウというバスがあります


バスというか、トラックの荷台が座るスペースに改造されて、それに乗る感じなんですけどね(笑)


何処で乗っても降りてもお一人10バーツ、パタヤの街を駆け巡る重要な足です


そして、パタヤは、色んなブログでも言われている通り、町が非常にコンパクトに纏まっています


何処に行くにも遠くないため、ソンテウで十分なのです


つまり、電車とか必要ないんですよね(笑)


なので、夜遊び初心者でも、ゴゴバー行って、バービア巡って、Soi6にも行ってと、色んな場所を安く早くで行き来することが出来ます


ディスコも遊び場から近いので、バンコクよりもパタヤでのディスコデビューの方がし易いかと思います


⑤嬢について


 border=0


一番、皆さんが知りたがっているのは、これじゃないでしょうか(笑)


私も、パタヤ嬢ってバンコク嬢とどう違うのか?と色々ネットで皆様の経験談を読ませて頂いておりました


でも、やっぱり行かないと解りませんね・・・


これはあくまでも私が経験したものなので、最終的な判断は実際に行ってみて、その目で判断して頂くしかないです


ということで、まずは、パタヤのゴゴ嬢から


・パタヤでも日本人はそれなりにモテル


表現が難しいですが、要はバンコク同様に嬢から相手にされます


これは、ちょと意外でした


パタヤは欧米中心の白人様テリトリー、なので日本人効果はあまり無いと思っていましたが、全然そんなこと無いです


むしろ、良きカモとして歓迎されるかと


向こうの女性としたら、屈強な肉体の欧米人より、ハイヒール履けば自分と同じくらいの背丈になる日本人男性の方が安心するとのこと


まぁ、そうかもねって感じです


嬢に安心される、というのはゴゴ嬢争奪戦の中でも非常に良い武器になりますね



・擦れている嬢はバンコクよりも多い??


かなり客慣れしている嬢が多いかと思います


バンコクの方が、素朴な嬢が多いかな・・・でも、最近はどっちもどっちじゃないかなぁと思ってきました(笑)


割合としては、パタヤのゴゴ嬢の方が擦れている率が高いかと


・嬢のルックスはバンコク優勢

全体的に見れば、バンコクです


バンコクの方が確実に日本人好みの嬢がたくさん居ると思います


ただ、パタヤにも日本人好みの可愛い娘はちゃんと居ますから、ご安心を(笑)


シリコン入りはバンコク嬢の方が多いかな


・嬢の性格


パタヤ嬢はイケイケな性格の嬢が多いかもしれません


皆、ディスコ好きだし


バンコクの嬢は、あんまりディスコ行って騒ぎたい!!って嬢が少ないイメージです


でも、他の方のTwitter見ると、結構皆さん嬢とディスコ行ってますよね・・・


・年齢はバンコクと同じくらい

皆だいたい20歳~25歳くらいの嬢が多いです


バカラはパタヤ・バンコク共に24歳くらいの嬢が多いイメージです


まぁ、あんまり差は無いかなぁと思いますけど、一応バンコクの方が若い嬢が多いイメージです


・料金は?(2016年6月時点)


パタヤはロングで5000バーツ、ショートで2000~3000バーツくらい


バンコクはロングで6000バーツ、ショートは3000バーツくらい?


ショートはあんまりしたことないので、自信無いです


パタヤの方が安いじゃん!!lって思うかもしれませんが、パタヤはバーファインが高いです


バンコクのゴゴバーはバーファイン(連れ出し料金)は殆ど700バーツ程度で均一


しかし、パタヤは嬢の種類や時間帯によってバーファインが変わります


ロングにするか、ショートにするかでもバーファイン変わりますから、連れ出す際は要チェックです


1つ簡単な例を出してみます


例えば、バカラでロングペイバーをする場合


バンコクは嬢に渡すチップが6000バーツ、バーファインが700バーツ


パタヤはチップ5000バーツ、バーファインが800バーツ


この場合、パタヤの方が安いですね


で、気になる何時まで居てくれるか?ですが、これは嬢次第


バンコクのバカラ嬢はロングは4時間が基本って言ってましたね・・・


パタヤのバカラ嬢は4:00には帰りたい、みたいな感じ


お昼頃まで居てくれる嬢も居るけど、かなり珍しい、と言われました(泣)


因みに、パリスのゴゴバーの場合は、嬢に5000バーツ、バーファインが1500バーツ


バンコクの方がそれでも高いですけど、差は僅かです


まぁなので、あんまり料金い差はないですね


さて、お次はゴゴ嬢以外の嬢について
※バンコクではバービア嬢やSoi6嬢に当てはまるものが無いので、ゴゴ嬢との比較になります


・性格はかなり良い(ホスピタリティに溢れている)


ゴゴ嬢の性格が悪い、と言っている訳では無いですが、皆懐っこいです


ビジネス感はあまり無く、これぞパタヤ嬢という感じです


擦れている嬢も少なくて、むしろ初心者向けなんじゃないかと思うくらいです


・一緒に居てくれる時間が長い


正午まではホテルで一緒にダラダラして居てくれます


仲良くなると、そのまま昼ご飯食べて・・・で、これからどうする?なんて嬢も居ます


ゴゴ嬢は短いですね


朝の6:00くらいまでにはゴーホームする嬢が圧倒的に多い、と某ゴゴ嬢から教えて貰いました


4:00頃に帰りたがる嬢が多い


これは、バンコクも同じですけど


勿論、何度かペイバーして仲良くなったり、最初から波長があって長く居てくれる嬢も、少なからず居ます


けど、そういう嬢は少なくなりつつある感じですね


・嬢のルックスはまぁまぁそれなり


私の場合、思っていたよりも可愛かった、という印象です


胸が大きい嬢から、スレンダーでロリっぽい嬢から多種多様に居るので、好みの嬢を探せると思います


でも、正直に言います


ルックスはゴゴ嬢がずば抜けています


これは、もう断言出来ます


暫く、ゴゴ嬢から離れ、それ以外の嬢と遊んでいましたが、やっぱりゴゴ嬢のルックスのレベルは高いです


だからその分高いのですよね・・・


・年齢は若い


ゴゴ嬢よりもバービア嬢とかSoi6嬢の方が若い娘は多いです


20歳なんてザラですし、18、19の嬢も結構居ます


ゴゴ嬢は働く時にそれなりのチェックがあるので、20歳以上の嬢になりますね


「バービアで働くのに、ゴゴバーのような検査は殆ど無い」と某バービア嬢がぼやいていました


若い娘でホスピタリティの高い嬢と遊びたい方は、Soi6とかエロマッサ、バービアで嬢を探すことをお勧めします


ただ、20歳以下だとディスコに入れなかったりする可能性もあるので、要注意ですね


・エッチ度は高め


エロい嬢は多いです


なので、スパンはゴゴ嬢よりも楽しめるかもしれません


ゴゴ嬢は淡泊というか、受け身が多いですが、バービア嬢やSoi6嬢はスモークしてくれたり、乳首舐めたり、耳の穴舐めたりとエロに積極的です


何となく感度が高い嬢も多い気がします


・料金について

これが最大のアドバンテージです


バーファイン300バーツ、嬢へのチップ1000バーツ~3000バーツ


ロングペイバーとして金額出しています


ゴゴバーと比較すると、かなりお安いです


今のレートであれば、バーファインとチップで1万円でお釣りが来ます


パタヤでは安く夜遊びが出来るというのは、バービア、Soi6、エロマッサで遊ぶ場合に限ります


この値段であれば、2人ペイって3P出来ちゃいますね(笑)


私はチャレンジしたかったですが、未だ実現ならず・・・


⑥遊び方について


 border=0


もちろん、女遊びに限ります


バンコクとパタヤでは色々と違いがあります


例えば、エロマッサ


バンコクは、”アディクトマッサージ”というのがかなり有名です


お店に入ると、嬢がズラッと出てきて、そこから好みの嬢を1人チョイスします


選んだ嬢と一緒に個室で、マッサージを受けて、そしてスパンをします


部屋の選択次第では、浴槽付の部屋も有り、そこで全身くまなく洗って貰えます


時間も2時間とかロングタイムも選ぶことが出来ます


超有名な、MP(マッサージ・パーラ)を小型化したようなお店がバンコクには多いです


お値段は2000バーツ~3000バーツ



で、パタヤはというと、普通のマッサージ屋さんでスパンすることになります


お隣さんはカーテンの向こう側で同じくスパンしております


簡易シャワーで軽く洗って、適当にマッサージを受けた後、直ぐにスパンスパンです


ブロウジョブだけして欲しい!と交渉したりもすることが出来ます


時間はだいたい1時間以内


お値段は1300バーツくらい


バンコクにもこういうエロに特化したマッサージ屋さんはありますが、大抵は個室でスパンしますね


あとは、健全店にも若い嬢が居ると、嬢が小遣い稼ぎでスペシャルを持ちかけてくる場合もあります


お店的にはスパンNGなので、周りに気付かれない様に嬢を逝かせる必要があります


これはこれで楽しいですけどね(笑)


因みに、ばれると嬢は首になるそうなので・・・お気をつけて下さい



バンコクはマッサージ屋を隠れ蓑にして、エロいことをするお店がありますが、パタヤはかなりオープンです


店前で、「エロい事するよー、カモンカモン!!」って感じです


あと、パタヤで特徴的なのは、Soi6とジェントルマンクラブですかね


Soi6は完全に置屋です


1階はオープンバーみたいになっており、気に入った嬢が入れば、お店に入ります


嬢と戯れて、さらに気に入れば、2階でスパンします


部屋代300バーツの嬢へのチップ1000バーツがデフォルトです


可愛い嬢がいるかどうかSoi6の通りを練り歩く男性方の光景が常時見られます


ジェントルマンクラブ&ブロウジョブバー


こちらも基本は1階で酒飲みながら嬢をチョイスし、2階でスパンスパンですね


値段はSoi6とほぼ同じですが、違いは、ブロウジョブだけして貰うというのも有りです


1階のソファー席でカーテンを閉めて口でして貰います


その場合、値段は500バーツオンリーで部屋代金もかかりません


1階でのプレイもあるので、室内は暗く、店内は外から見えない様になっています


ブロウジョブバーはスパン無しで、ブロウジョブオンリーになります


値段は500バーツ~700バーツ


嬢をチョイス出来るお店もあれば、出来ないお店もあります


ゴゴバーは基本バンコクと変わらないですね


遊び方は人それぞれですが、たくさんスパンしたいって方はパタヤが合っています


エロマッサは朝の9:00からオープンしているので、午前中はエロマッサで


午後はSoi6、ジェントルマンクラブ、ブロウジョブバーもオープンします


LBに抜いてもらうのも有りですよ(笑)


夜はバービア嬢やゴゴ嬢をペイってホテルでまったりスパン


という流れじゃないでしょうか


ほぼ、これがパタヤの朝から夜までスパンプランです


ただ、パタヤの魅力はやはり夜です


夜の19:00頃からバーホッピング、ゴゴクルージングに始まり、


22:00からディスコではっちゃけて


4:00頃にホテルに帰宅し


朝に嬢とスパンする


という流れも魅力的ですが、体力温存のため朝、昼はリラックスしていた方が良いですね


書いていたら、きりが無くなってきたので一旦纏めてみます


・ゴゴ嬢はバンコクの方が日本人好みの嬢が多い、それ以外はあまり変わらない


・嬢にエロやホスピタリティを求めるのであれば、ゴゴ嬢以外を狙った方が良い


・1万円以下で遊びたい(ペイバーしたい)のであれば、バービア、Soi6、ジェントルマンクラブが遊びのメインになる


・エロはパタヤの方がローカル色が強く、かなりお安く遊ぶことが出来る


・ポセイドンやアディクトマッサージやのような超有名なMPはパタヤには無い
 ※ソイハニー1とかはあるけど


・パタヤ市内のアクセスは抜群


・日本食以外でも良ければ、パタヤでの食事は満足できる


・Hollywoodのディスコはコスパが良い


こんな感じですかね


ざっと書いたので、今後加筆修正ありだと思われます(笑)


というか、まとめ風に書くのって難しいですね・・・


それでは、また!!



-Uncategorized

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.