2016年9月タイ・パタヤ旅行

2016年9月タイ・パタヤ旅行 その② LKメトロのお気に嬢との再会!!

更新日:

一瞬だけ時間を遡り、


どん!!


 border=0


Walking Streetです!!


およそ2ヵ月ぶりのWSですね・・・いつ見てもテンション上がります!!


最初にタイのバンコクに来たときは、ナナプラザとソイカウボーイに衝撃を受け、そして、ついにはパタヤのWSにまで羽根を伸ばしていまいました・・・


いやー、本当に、素晴らしいですね!!


感傷に浸っている時間が勿体ないので、とりあえず時間まで適当にゴゴクルージング開始です!


大通りを歩いていると、G-Spotという新しいゴゴバーが出来ていたので、入ってみることにしました


店内は、出口側が衣服有りで、奥の方はスッポンポン


もちろん、奥の方の席に座り、ステージ上で全裸で踊る嬢を眺めます


ドリンクはビール飲み過ぎるとお腹に堪りそうなので、タイウイスキーをオーダー


特に私好みの長身スリムレディが居なかったので、1杯でお店を出ようとしたのですが、Happy Hourで2杯到着


 border=0


有りがたく、頂戴しました(笑)


暫く、店内を眺めていましたが、やはり日本人客が多いですね


スタッフにも日本人の方がいらっしゃるようで、早速声掛けられました


さすがのジャパニーズで、嬢を無理に斡旋することもなく、世間話程度で終わりましたね


ちょっとLKメトロの話になった時に、


スタッフ「お気に入りのゴゴバーってどこですか?」と聞かれたので、


私「Ninjaですよ」と答えると


「え・・・」みたいな顔されました(笑)


まぁそういう反応するだろうなぁと思って言ってみたのですけど


でも、私としては今から会う嬢とはNinjaで知り合えたので、私の中ではかなり好評価になりました


以前は、とある嬢のせいでもう行くことは無いと思っていましたが・・・


引き続き残りのタイウイスキーのだらだらと飲んでいたら、一人の嬢が声かけてきたので、1ドリンク奢ることに


ルックスは好みとは程遠いですが、愛嬌があったので楽しく過ごせました


嬢「オリジナルのおっぱいよ!!」と言って、やたら自分のおっぱいを触らせよとしてきます


うん、確かに柔らかくておいしそうですね


でも、どうにも周りの日本人方がの目が気になり、初心っぽい反応しか出来ませんでした(笑)


結局、隣にいる日本人グループの方からも、「日本人ですか??」と声掛けられる始末・・・しかも、女性に


まぁこうなるだろうなぁと思って、あんまりはしゃいでなかったのですが


嬢にお礼を行って、お店を出ます


WS内をウロウロしていると、Sugar Baby嬢に取り囲まれ、強引に店内に引きずりこまれそうでしたが、何とか脱出


行ったことないゴゴバーにも行きたかったのですが、結局、安定のバカラへ


恐ろしい程、店内は日本人だらけで、超混んでます


ソファー席が丁度空いたので、滑り込むようにして席をゲット


ハイネケンをオーダーし、嬢を鑑賞


やっぱりバカラですかね~嬢のラインナップはやはり他のゴゴバーより頭一つ抜けている気がします


まぁどうせロングペイバー出来ないんでしょう(笑)


ロングという名の5時帰り、せめて7時くらいまでは居て欲しいものです


待ち合わせの時間の22:00まで適当に嬢を鑑賞


そいえば、隣に座っていたチャイニーズメンの連れの嬢が可愛かったなぁ・・・どこでゲットしたのだろうか


バカラを出た後は、嬢の待つゴゴバーへ


初めて入るゴゴバーでしたが、こちらも中々ルックス良い嬢が多い


というか、バカラよりも嬢の人数多い・・・探すのも一苦労です


事前に嬢の番号を教えて貰ったので、その番号をママさんに伝えると、2階に行けとの事


2階に行くには一度お会計して、外に出なければ行けないので、ちょい面倒


待つこと5分ほどで嬢が席に来ました


2ヵ月ぶりのご対面でしたが、確かに若干太ったかなぁという印象


特に腹が・・・


髪型もショートからロングヘアにイメチェンしてました


席に着くなり、馬乗りになって、顔面ホールドされました


ん??


嬢「ラック、TM!!」と言いながら抱き着いてきました


そして、フレンズ達を召喚


あれ??


こんな感じの娘だったけ??


Ninjaの時は、隣にちょこんと座って、ドリンクすら頼まなかったし、ましては他の嬢を召喚するなんて、全く無かったのに・・・


これが擦れってヤツですかね


因みに、召喚されたのは、嬢の姉(何人姉妹がいるのだろうか)、と友人


友人はまさかのアンダートゥエンティ


しかも、結構可愛い!


ただ、嬢のお姉さんは全然可愛くない


3人いると、一人は可愛くない、もしくは年増がパーティに入るのが運命なのでしょうか


しかも、それを嬢達も理解しているのか、ソファー席の配置も


   可愛くない嬢 お気に嬢 私 嬢の友人


と、一応、可愛い嬢2人に囲まれ、両側からキス責めに会いました


まぁしょうがないので、お気に嬢の’良いお客さん’としてドリンクをご馳走


暫く飲んでいると、お気に嬢から「テキーラ!!」とまたしても以前なら絶対に注文しないブツをおねだりしてきました


というかこの嬢、酒弱いくせに、テキーラなんて飲んだら持たないんじゃないか・・・


 border=0


皆で乾杯するのかと思いきや、まさかのじゃんけん大会が始まりました


そして、全負けするお気に嬢・・・


アホっすね


嬢「こんなに飲んだら死んじゃう!!TM飲んで!!」と言う事で結局、半分以上は私が飲むことになりました(笑)


さて、そろそろお店も混んできたし、Hollywoodに行きますか


’3人’分のバーファインを払い、嬢達をペイバー


3000バーツ、やっぱり高い也


で、ここで若干トラブル発生


私の隣に居た、チャイニーズのお方が、嬢の友人を狙い初め、何とペイバー終わった後の嬢に、ペイバーの交渉をし始めました


嬢の友人が断っているにもかかわらず、食い下がり続けていました


凄いですね、隣にペイバーした張本人がいるのに・・・


というか、あんたも目の前で見てたよね??


あまりにも諦めないので、それを見かねた男性の友人が「まぁ、まぁ」と落ち着かせ、ようやく解放されました(笑)


解放された嬢の友人も、うんざりしていたようで、「I don't like 〇hinese」とのこと


全世界共通でしつこい人は嫌われますよね


さて、やっと3人そろったので、ソンテウをチャーターし、Hollywoodへ!!


しかし、Hollywoodに着くも、来る時間が遅かったため、ステージ近くの席には人が一杯で座れず、外野席へのご案内


 border=0


若干盛り上がりに欠けますが、まぁ良いかな


いつも通りの安酒のJINを購入し、後は嬢達におまかせ


皆で乾杯し、Let’s Party


・・・約1名、やたらテンションが高く、一気に飲み欲しました


もちろん、私じゃないですよ(笑)


そう、お気に嬢です


いつもなら、殆どお酒飲まないのに、「イエッーーーイ、乾杯!!」とやたらグラスを合わせてきます


マジで、どうしたの??


ぴょんぴょん、ぴょんぴょん跳ねまわってお酒を飲みほしていきます


嬢が、ですけど


煙草嫌い、なはずなのに私がふざけて嬢の友人の煙草を吸っていたら、嬢もゴホゴホしながら、吸い始めるし・・・


そして、嬢の友人はマイペースでお酒を飲みながら、食べ物をオーダー


 border=0


さて、この辺りから私もお気にを除いた嬢2名もテンションがあがってきましたが、約1名は、もう危ない


まぁ私が起きてれば大丈夫でしょう、と思い、隣にいる嬢の友人と肩を組んで音楽に合わせて飛び跳ねていました


というか、嬢の友人がなんだかんだ一番可愛かったな(笑)


 border=0


飛び跳ねながら、アルコールをガバガバ体内に入れると、物凄い勢いで酔いますね


嬢の友人とタバコの煙を口移ししたりと訳わからないことしていました(笑)


で、お気に嬢はというと、トイレからようやく戻ってきましたが、もう本当にダメそう・・・


トイレから戻ったらお気に嬢連れて帰ろうかなと思ったら、お気に嬢は私がトイレに行った隙に帰宅しておりました(泣)


嬢のお姉さんが、「My sister drank so much」といって帰宅させたそうです


え・・・


確かに、トイレから戻ってきたら、嬢の友人しか居なかったから、セクハラしまくってたんだけど


その間に、嬢帰宅させてたのね・・・


・・・まぁもう3:00廻ってるし、帰ろうか、ということで帰宅


嬢2人には「ノーマニー」言われましたが、500バーツ+100バーツの交通費を渡してお別れ


さすがに、ここで嬢の友人をホテルに連れ込むのは後々危険ですからね


Hollywood前でお別れし、各自で帰宅


私も、凹みながらホテルへ帰還


何となく物足りないので、周囲をぶらぶら


 border=0


お腹も空いていたので、肉厚バーガーを頂きました


バーガー食べながら、ホテルまで歩いて、1人寂しく就寝・・・


まさか、この私が初日から1人寝になるとは・・・ジョーダンです(笑)


つづく



-2016年9月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.