2017年7月タイ・バンコク旅行

2017年7月タイ・バンコク旅行(:バッポン編 その③ 初バッポンゴーゴーバーへ

更新日:

初のバッポン・タニヤエリアデビューでしたが、あいにくの雨


と言っても、身動きが出来ない程では無かったので、かまわず進みます


シーロム駅からサラディーン駅へと進むと、直ぐにバッポン・タニヤエリアとなります


まずは、タニヤから


 border=0


ソイカウボーイ、ナナプラザとはまた違った雰囲気ですね


日本語で満ち溢れております


牛角はあるは、吉野家もあるし、カツカレー屋さんもあるしで、本当にここはタイなの?って感じです


居酒屋なのか、ガールズバーなのかよく分からないお店もありますね


とりあえず、コンビニに入ってレッドブルを購入


すると、コンビニ店内でメイド服にコスプレした二人の嬢を発見


2人ともかなり可愛い


絶対タニヤ嬢でしょうと判断し、ちょっとストーキング


後を付けると、ニューオーキッドという看板の方へと消えて行きました


 border=0


「オーキッド」ってプロンポンのエロマッサと同じ名前ですね(笑)


後で覗いてみようかな・・・というか、コンビニで声掛ければ良かった


その後も、タニヤをウロウロ


 border=0


実は、あるお店を探していたのですが、どうにも見つからず


そして、歩いているとやたらと声を掛けられる


「お兄さん、お兄ぃさん、お店決まった?うちは女の子沢山居るよ」


と、まぁ本当に流暢に日本語を喋ります


もう少しゆっくりと散策しながらお店を探したかったのですが、キャッチが正直イヤ


特に日本語で話しかけられると、尚イヤになる


大体、雰囲気は分かったので、お次はバッポンエリアへ


 border=0


夜のバッポンは初めてです


うん、ゴゴバーの雰囲気出ていますね!!


タニヤの雰囲気よりも、やはりこちらの方が私には合っている気がします


ただ、雨が激しくて雨宿りをしていると、またもやキャッチが・・・


「どこ行くの?ゴゴバーはまだ早いよ、良いお店あるよ」


あぁ・・・うるさい


無視していると、「あなた日本人?そうでしょ??」


お、雨が小降りになってきたな


「傘あるから、お店まで案内するよ」


多少濡れても、まぁ直ぐに乾くでしょう


雨の中、ゴゴバーに向かって歩き始めます


まずは、Kings Cornerへ


KC1だか2が今ホットだと聞いていたので、期待を胸にさっそく入ります


お客はほぼ0


嬢はかなり沢山居ますが・・・う~ん、微妙


お腹出ている嬢が結構居ますね


これでレベル高いの?とかなりガッカリしました


ビール一本でチェックビン


KC1じゃなくて、KC2に可愛い嬢が居るのかな


 border=0


激しい呼び込みと嬢の顔面レベルの高さに違和感を覚えながら入店


お客、0


うッ・・・やはり、これは・・・


THE レディーボーイ


もうね、解りますよ。。。でも、お店入る前に気付きたかった・・・


遠くからだと、かなり可愛いし、スタイルもキレッキレ


でも、男ですからね!!!


オブセッションに似たような嬢達から、集中攻撃を受けるも、躱しまくります


隣にママさんが座ったとしても、勝手に嬢が隣に来たとしても、ドリンクは奢りません


速攻で、チェックビン


チップ、ドリンクなどを言わす隙は与えません(笑)


さて・・・KC1,2ダメじゃん、というかレディーボーイ店混じってるじゃん


でも、これは流石におかしいと思い、Kings Cornerと逆方向に進むと、今度は、King Castleというゴゴバーが


あ、こっちか


ママさんらしき人に招かれ、店内へ


お客はあんまり入っていなかったけど、肝心の嬢は・・・かなり可愛い


というか、私好みの嬢が多い


これは、私の勝手なイメージですが、


レインボーは、ギャル系、キラキラ系


バカラは、お姉さん系、スレンダーで背が高い系


クレイジーハウスは、ロリ系?、幼い顔系


で、King Castleはというと、ナチュラル系な感じ・・・かな??


まぁ、とにかく、お客も居なかったので5分くらいゆっくり鑑賞したのち、嬢を召喚


近くで見ても、やはり可愛いが、


肌の露出があまり無いのが悔やまれるところ、まぁお店的にそうなのでしょう


英語はあんまり喋れない感じでしたが、ギリギリ意思疎通は可能な感じ


早速、LDを頼み、乾杯


愛想も良く、肩にもたれかかって良い感じの雰囲気を演出してくれます、というか良い香りがする(笑)


もうペイバーして、ディスコにでも繰り出そうかと思いましたが・・・まさかの、アンダートゥエンティ


そいえば、昔はこれくらいの年齢の嬢がソイカウボーイにもゴロゴロいましたね


しかも、ロングは無理で、2:00までとのこと


で、一番驚いたのは、バーファインが1800Bでロングが5000B


全部で、およそ7000B


高い・・・


勿体ないけど、その嬢はリリース


お次に召喚したのは、ナイスお尻の嬢


マジで、お尻が綺麗、もちろん、顔も可愛い


直ぐに、年齢とロング出来るかを確認すると、この嬢はOKとのこと


年齢もギリギリセーフ!!


まぁ、初日だし、初バッポンだし、初ONXYってことで、今夜は豪勢に行こう!!


ということで、高いけど嬢をロングでペイバー


嬢へのチップは後払いだったので、バーファインを支払って、お嬢を連れ出します


タクシーを拾い、RCAを目指します


初めてのバンコクのディスコなので、楽しみです


道中、ワクワク気分で居ると


運ちゃん「RCAは20歳未満は入れないから、別のディスコにした方が良い」


いや、知ってるよ、だから20歳の嬢を選んだんだし


ねぇ?そうだよね??と嬢に確認すると、何やら慌て始めます


「これ見て」と嬢のIDカードを見せられます、すると・・・


見事に、20歳未満!!


やられた


まぁ、確かにあと数か月後には20歳になるのかもしれないけど、これじゃあダメでしょ


運ちゃんが、インソニアムなら大丈夫かもと言うので、ひとまずインソニアムに行先を変更


最近リニューアルして綺麗になったというので、まぁ今夜はそこでも良いかと


で、着いたは良いものの、やはり20歳未満は入店出来ないらしく、再びタクシーへ・・・


運ちゃん「じゃぁ、SHOCK39に連れてくよ、ここなら絶対に大丈夫だから!!」


インソニアムから10分くらいで、目的地に到着


何やら、薄暗い場所で、インソニアムとは全然違うイメージ


本当にここにディスコあるの??と不安になりましたが、運ちゃんがスタッフと話してくれて、入店OKとなりました


 border=0


それにしても、暗い・・・


スタッフにテーブル席まで案内してもらい、ドリンクをオーダー


ディスコといえば、タイウイスキー&コーラーでしょうと、嬢と私の2人分を頼みます


因みに、店内はこんな感じ


 border=0




 border=0


本当に暗いです


客層はアジア系は皆無で、アラブ、ファランがメインの客層っぽいですね


ファラン好きな方は、ここでお相手を見つけるのも有りなのでは


結構、みんな酔ってるし(笑)


ドリンクが来たので、嬢と乾杯!!


意外とディスコに対する警戒感も無く、ツンツン系かと思ったら、かなりノリの良い嬢でした


ただ、改めてみると、この嬢背がかなり低いですね


150cmあるのかなぁ・・・う~ん、店内ではヒール履いているので、そこまで考えられませんでした


注文したドリンクが直ぐに無くなってしまったので、2杯目を頼もうとしたら、スタッフからボトルをお勧めされます


1800Bくらいで割もの付きなので、それならボトル入れた方が安いですね


ということで、じゃん


 border=0


ガンガン飲みます(笑)


ディスコは入った当初はあんまり馴染みの音が鳴っていませんでしたが、23:00を超えた辺りから、お客も増え、DJも良い感じになってきました


 border=0


嬢も酔ってきたのか、タバコ吸い始めました(笑)


しかも、ライターを隣席にいるデカいアラブ人に声を掛けて借りています


意外と度胸があるんですね


そして、何故か私もその方に火をつけて貰い、タバコを吸う羽目に・・・


試にトライしてみるも、毎回咳き込んで終わりなんですよね


そして、全然美味しくない


シーシャーの方が吸いやすくて良いですね(笑)


まぁとにかく、酒、たばこ、女、そして音楽(本当は、ギャンブル)という、この世の4大娯楽を楽しみます


お嬢は、ディスコでセルフィでもするのかなと思ったら、以外にも周りの写真や動画を撮ったりして友人に実況中継


そして、友人からのお電話対応


 border=0


よく、この爆音の中で電話できるな・・・


そして、飲み続けること2時間


嬢、かなりフラフラモード


しなだれかかる具合がエロくて良いです(笑)


華奢なので、また何とも言えない感じ


深夜1:00過ぎくらいにディスコを出ます


スタッフが「ボトルの残りどうする?」と聞くので、「あげるよ」と言うと、何気に喜んでいました(笑)


半分以上、飲みましたけどね


お店を出た後は、入口近くのスタッフがタクシーを呼んでくれて、そのままホテルへ


タクシーの中では、嬢爆睡


こんな時間に、しかも、こんな格好で、爆睡してたら、襲われても仕方ないですね・・・かなりエロい感じですから


ホテルに到着すると、嬢は服を脱いで、ベッドの中に包まります


・・・なんか、このパターンの嬢って多い気がする


私はシャワーを浴びないと、どうにもベッドに入る気がしません


シャワーから出ると、嬢、ガチで寝ています


その代り、嬢のスマホが元気よく、バイブしています


ほっとけば、そのうち静かになるかと思いましたが、ずっと鳴り続けます


一旦、嬢を起こして、電話対応して頂きます


嬢「ごめんね、もう大丈夫」


と言って、再びベッドへ


隣に寝ると、抱き着いてくるので、そのままスパンしました


若くて、小さくて、華奢なのに、濡れるところは濡れまくりですね


手マンを気に入ってくれたのか、肝心のアソコよりも指の方が膣内に入っている時間が長かったですね(笑)


無臭で、濡れやすく、良く喘ぐし、スパンも良い感じ


ついでに、背徳感付きという、なかなか趣のあるスパンでした


嬢は満足してくれたのか、ただ眠かったのか解りませんが、ぐったりと、シャワーも浴びずに就寝


私は、手がべちゃべちゃだったので、手洗って、排尿して寝ました(笑)



・・・そして、午前、4:00頃・・・


再び、スマホが元気になります


まさか、会社からか??と思い、一気に目が覚めましたが、お嬢のスマホでした


無視をしても、ずっと鳴っています


とりあえず、嬢を起こすか・・・


本来であれば、無視しようかと思いましたが、昔バカラ嬢の友人が交通事故にあった連絡が来たこともあり、重要な電話かもしれないし


お嬢を起こすと、「もう1回する?」みたいな反応


いや、スマホがめっちゃ鳴ってるよ、と伝えると、慌てて電話を取ります


何を話しているかは解りませんが、電話のお相手は女性のようですね


さて、どうなるのやらと


電話が終わると、お嬢から「帰らないと」とのこと


まぁそうだろうなぁと思っていましたよ


嬢には赤ん坊が居るらしく、泣きわめいて煩いとのことです


凄い、理由ですね(笑)


チップは交通費含めて、3000Bで交渉成立


22:00にペイって、4:00だから、6時間程


ロングと言えば、ロングなのかな?


それにしても、その格好で、1人で出歩いて大丈夫かな


ちょっと心配になったので、タクシーに乗る所まで付き添いました


「ありがとう」とキスされ、嬢はタクシーに乗り込み、帰宅しました


これにて、本日の業務終了ですね(笑)


それにしても、スクンビット界隈は朝の4:00になっても、賑やかですね


騒いでいる大半の嬢は、LBのような気がしますが


見送った後は、私も部屋に戻り、就寝


明日こそはタニヤデビューしたいですね



つづく



-2017年7月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.