https://tmbkk.com

最近更新した記事 2017年7月タイ・バンコク旅行

2017年7月タイ・バンコク旅行(:バッポン編 その⑤ ONXY&Faahsai

更新日:

お腹を満たした後は、一度ホテルに戻り、身だしなみを整えます


パタヤだったら、ヨレヨレの服でメガネかけてブロウジョブしに貰いに行っても良さそうですけどね(笑)


ついでに、シャワーも浴びて、ホワイクワン駅を目指します


MRTのプリペイドカードを事前に買ってあるので、非常に便利ですね


数分で到着


 border=0


毎回、出る場所を間違えるのはもはやお約束


道路を俊足で横断し、目指すはMPのポセイドン


徒歩で5分ほどで着きます


 border=0


毎回見る度に思うけれど、規模が凄いですよね(笑)


店内は1階が普通、3階がモデルクラスとなります


もちろん、まずは1階のお嬢を見に行きます


時間は15:00を廻った頃ですが、やはり出勤している嬢は少なめ


15人くらいかな??


微妙なラインナップの中、目を凝らしながら嬢を見定めます


結構離れているので、見ずらいのが難点


近づいても良いのだけれども、それはそれで恥ずかしいし・・・


お客の出入りは結構多めで、ソファーに座っているだけの人は、除け者扱いされております


一旦、モデルクラスも見てみることにします


ただ・・・毎回モデルクラスの方がビジュアル的に劣っている気がするんですよね


3階に着くと、既に嬢と飲んでいるお客さんが居ました


うーん、確かに可愛いのだけど、ゴゴ嬢と比べるとイマイチ


出勤している嬢は1階と同じくらい


軽く一周した後、再び1階へ戻ります


正直、コレだ!!っていう嬢は居ませんでしたが、他を探すのも面倒だし、無難なところで嬢をチョイス


近くに来ると、これまたミニマムなお嬢


雰囲気はやさしそうだったので、サービスに期待してゴーアップします


お風呂の用意をしている間は、密着してきて、首筋を舐めながら、アソコをさわさわしてきます


清楚系ビッチ嬢です(笑)


耳を舐められながら、「What’s your name?」と


中々刺激的な嬢です


ただ、胸はパットを外すと、胸が無くなりました(笑)


シリコン、パット、オリジナル、ついに3種類の中から見極めなくてはならなくなりましたね


世知辛い世の中になりました


お風呂では、身体中を綺麗にしてもらい、ついでにブロウジョブもして貰います


風呂内でブロウジョブしてくれる嬢と、そうでない嬢が居ますよね


スッキリした後は、いざ、Make Love(笑)


感度はまぁまぁで、スパンもまぁまぁ


先ほどの変態ポテンシャルが発揮されるのかと思ったけど、挿入すると意外と大人しい


喘ぎ声と先ほどの痴女的なギャップが凄いです


ひたすら正常位で責めて、そのままフィニッシュ


・・・足開いた状態でハァハァ言ってる姿がめちゃくちゃエロい///


というか、見た目がもう少女の域


お嬢、汗かいてたのでタオルで拭いてあげると、キスしてきました


2人でベットで休憩したあと、再びお風呂で汗を流します


2時間経過したかなぁ?って感じでしたがスッキリしたし、お店を出ることにします


総額は2300Bくらい


エレベータ内でお別れキッスを済ませ、ロビーでは軽く手を振ってお別れです


お腹が空いたので、ソンブーンでシーフード祭りしようと思いましたが、一旦アソークに戻ります


ホテル直下のレストランに入り、ここで夕食を済ませます


お約束のビールと


 border=0


フィッシュ&チップス


 border=0


私のバンコク定番メニューです


私が日本人だと解ると、やたらと「コンンイチハ」「オイシイデスカ」と何故か積極的に声を掛けてきます


これぐらいの日本語だとホッコリして良いのですけどね(笑)


食事後、いつも通り、ホテルに戻り夜の支度をします


今夜は、バンコクラストナイト!!


是が非でも、ONXYに可愛い嬢と行かなければ!!


さっそく、MRTに乗り込みシーロムへ向かいます


両替を済ませ、タニヤに寄ると


 border=0


ここが、そうかと


プロンポン版の日本人御用達両替所ですね


他の両替所よりも、レートがかなり良いです


次回からはここで両替しよう


因みに、反対側にも両替所があり、こちらもレートは同じくらい


 border=0


1万円で2985Bですね


今日はお目当ての嬢が居たので、タニヤはいつものやってスルー


 border=0


バッポンのゴゴバーへ急ぎます


既にオープンしていたので、さっそく入店


まだお嬢は出勤していなそうなので、ビール飲みながら待機


トイレに行くと、お目当ての嬢が仕事の準備をしてたので、「良かったら、後で飲もう」と軽くコンタクトを取っておきました


まぁ、当たり前だけど、「OK」とのこと


しばし、待っているとお嬢が登場


近くで見ても、かなりの美形


ルックスで言えば、今までのペイバー嬢のトップ1,2に入るレベル


さっそく、年齢確認とペイバーの有無を聞いてみると、年齢はOK、ロングはやはり2:00までとのこと


赤ん坊が居るから、2:00超えは無理だそうです


赤ちゃん持ち多いですね(苦笑)


まぁ私も明日の朝は早いので、正直2:00まで居てくれれば十分


ONXY行こうよ!と言うと、こちらも2つ返事でOKとのこと


嬢と交渉していると、ママさんが割って入ってきます


ママさん「朝6:00までだと、5000Bだから、2:00までだと4500B ナ」


・・・言葉を失いました


いやいや、馬鹿にし過ぎでしょ


私「え、2500Bでしょ・・・」


ママさん「じゃぁ、4000B」


ママさんが邪魔なので、嬢と直接交渉することにします


ただ、このお嬢、英語があんまり得意ではないそうなので、Google翻訳で決着を付けます


結果的に、お嬢には2800B払うことで交渉成立


ママさんには200B渡して黙らせます


ママさん「今回だけナ」と言ってたけど、これが適正価格でしょ


舐めすぎですね


まぁ、日本人は身体も小さいしい、優しいし、基本対外交渉って苦手なイメージがあるんでしょう


私もそうですし(笑)


因みにですが、お嬢は最初からこの金額で納得していたので、問題はママさんですね



あまりにも早くペイバーが決まってしまったので、店内で少し飲んでいくことにしました


マッタリしていると、日本人の団体客がご来店


どうやら、お嬢の知り合いらしい


団体様「あ、〇〇ちゃんだ!!」「まだ働いてたんだ、本当に馬鹿だね~」とよく分からないけど罵倒の嵐


ちょっと、ビックリ


当の本人は、日本語が分からないのか、ニコニコしてる・・・


良い気持ちはしませんね


何だろう、たぶん、赤ん坊が出来た絡みなのかなぁ・・・まぁ深入りするつもりはサラサラ無いのですが


この嬢に興味何て無いのだろうと思っていたら、ちゃっかりドリンクを進呈したいそうで


何だかんだ気にはなるのかな?よく分からない


「飲んで直ぐに戻ってくるから、待ってて」というので、OKします


5分ほどで嬢は戻ってきました


その後も、こちらの前を通過する度に、嬢にちょっかいを出します


トイレ行くなら、逆回りした方が近いでしょうに


ハリウッドで嬢にちょっかいをだす(タチの悪い)韓国人?を散々ディスりましたが、日本人もあんまり変わりませんね


嬢にちょっかい出すなら、せめて気付かれない様にやって欲しいものですね(笑)


まだ早いけど、RCAに行くことにします


シーロムからRCAまでタクシーでも結構かかりました


入場する際には、パスポートの提示が必要です


パスポートのコピーを見せると「今回は良いけど、次回は本物を持って来い」とのこと


写真も撮られ、荷物チェック、ボディチェックもあり、かなりセキュリティが厳しいですね


パタヤのハリウッドなんて、男なら素通りですからね(笑)


さて、初めてのRCA ONXYです!!


 border=0


入店したのは、21:30頃


まだ人は少ないですが、Pハリウッドに比べると、かなりお洒落ですね、さすがバンコク(笑)


 border=0


ガラガラなのに、ステージからかなり離れた席に案内されます


まぁ、初めてなのでこんなもんですかね


注文していたドリンクが続々と届きます


因みに、お酒類は入場する前に注文する必要があります


ボトルを入れるとテーブル席、でお値段は割物込みの値段になります


最初見た時、高っ!!と思いました(笑)


Pハリウッドだと、割物(ソフトドリンク)はテーブルに案内された後に別注文ですからね


じゃん


 border=0


久しぶりにウイスキー以外ですね


お嬢と乾杯します


良いですね、ONXY


選曲・音質、全てが最高です


嵌りそうです!!


スタッフ達はまだお客さんが少ないので、暇なのかちょこちょこお喋りに来ます


嬢がスワイだね、貴方もキュートだね、などどうでも良い会話をしておりましたが、ここで聞き逃せない一言が





「今夜はファーサイが来るのよ」




ファーサイ? マジで!??


芸能人とかアイドルとかには全く興味の無い、私ですが、ファーサイには興味あります


あのルックスで、あのセンスは素晴らし過ぎます


ただ、登場するのは23:00過ぎとのこと


うーん、そうなると、この嬢とはスパン出来なさそう


嬢とのスパンを取るか、ファーサイのDJを取るか・・・


迷う間もなく、ファーサイ一択!!


私「今日はホテルに戻らないで現地解散にしよう!!」


嬢「アハハハ、そんなにファーサイ好きなの?」


ファーサイというより、やっぱりディスコが好きなんですよね


スパンでの快楽よりも、脳みそがぶっ飛ぶ感じの音楽、テンションを欲していると思う


嬢もOKとのことなので、後の事は忘れて音楽に身をゆだねます


酒がすすみますね(笑)


そして、お待ちかねのファーサイ登場!!


 border=0


光り過ぎてて良く見えない


っていうか、遠すぎて殆ど見えませんね


お嬢、スマホ片手に固まっております(笑)


顔は全然見えませんでしたが、DJは素晴らしい


やばい


これは、やばい


何言ってるか意味わかりませんが、とにかく、ヤバイのです(笑)


もう言葉になりません


アドレナリンだか、ドーパミンだか何でも良いですが、脳みそにガンガンきます


 border=0


もう、羞恥心とかどうでも良くなってきました(笑)


気が付いたら、嬢と一緒に飛び跳ねておりました


凄い、マジで


跳んで、飲んで、踊って


これは絶対に明日死ぬパターン(笑)


DJも最高潮!!





凄い刺激です


DJは完全にONXYの大勝利です!!


ファーサイだったから良かったのかも知れませんが、いやはや、これほどまでとは


MCは、Pamって人かな??


良い感じのコンビですね!!


結局、最後の最後までONXYを堪能


 border=0


本当に、最終日に来れて良かったです


2:00頃に、嬢と一緒に帰宅・・・のはずが、見事にはぐれました


電話してみると、入口で待っててくれたらしいのですが、もうタクシーに乗ってしまっているようです


まぁそのための現地解散ですからね(笑)


ONXYは深夜になるとめっちゃ混みます


ハリウッドよりも人口密度は高いかもしれません


とりあえず、嬢の安否は確認出来たので、私もホテルへと帰宅


最高のラストナイトでしたね


パッキングは朝起きてからで良いや



そして、翌朝、6:50分頃に起床


パッキングは10分で終わり、シャワーを浴びてチェックアウト


7:30頃にタクシーを捕まえて、ドンムアン空港へ


道路は混んでおらず、8:10には空港に到着


 border=0


Airasiaなので、チェックインカウンターには並ぶ必要なく、イミグレ、荷物検査を終え、8:30にはやること無くなりました(笑)


Boarding timeが10:15なので、もっと遅くても良かったかもしれないですね


朝食代わりに、いつものマックでデブフードを食します


そして、搭乗時間までは搭乗口近くの椅子で寝ておりました


やはり、疲れていますね


搭乗時刻は予定通り


後は、飛行機に揺られて日本に戻るだけです


機内では完全に爆睡


ジェットコースタの夢で目が覚めると、日本に着いておりました(笑)


成田空港から横浜までYCATで帰宅


その前に、今回の旅行の最後の晩餐


 border=0


明日からは、再びカロリー節制モードですね


次の日からまた仕事ですが、また数週間後にタイに行くことが決まっております(笑)


次こそは、タニヤ行きます!!


それでは、この度も、長文でございましたが、ここまで読んで頂き有難うございました


次回は8月再びバンコク編で!!



~fin 2017年7月タイ・バンコク旅行(:バッポン編

-最近更新した記事, 2017年7月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.