2017年8月タイ・バンコク旅行

2017年8月タイ・バンコク旅行::タニヤ編 その② 初めてのタニヤ嬢

更新日:

まず、最初に行ったのは、BADABING


 border=0


何か、不思議な臭いがします(笑)


可愛い嬢は居ないかなぁとステージを見ながら、まずはタイガービア


さっきまでは、ウイスキー&コーラーばかり飲んでいましたからね


 border=0



全体的のレベルは普通・・・だけど、1人可愛い嬢を発見


呼ぼうか、呼ぶまいか悩んでいると、ママさんが「接客に行け!!」っと、その嬢を他のカスタマーに宛がってしまいました


カスタマーは拒否らず、膝の上に嬢を載せて、ご機嫌な感じです


う~ん、だいたい悩むとこのパターンになるんですよね


それ以外の嬢にはそこまで興味が湧かず、ビア一本でお店を出ます


その後は、近くのブラックパゴダへ


非常に珍しい場所にあるゴゴバーですね(笑)


階段を上がり、お店に入ると、でっかいソファー席に案内されます


お嬢はやはり微妙


こっちも1人可愛い嬢が居ましたが、既にアナザーカスタマーの膝の上


これはペイるパターンですね(笑)


暇なので、おっぱい大きめの嬢を呼んで、適当にお戯れ


「日本人のボーイフレンドが欲しいの」って言ってたけど、華麗にスルー


私のことではないでしょうからね


因みに、おっぱい大きめかと思ったら、ブラで寄せてただけでしたので、ガックリ


英語は結構上手だったので、近くに座っていた大人しそうなママさんと談笑し、チェックビン


 border=0


まだまだ時間はあったので、他のお店も廻ります


グラマー、エレクトリックブルー、スーパースター、次々とビア1本で巡ります


良かったなぁと思ったのは、グラマー


後の2店舗は、お客が殆どいませんでした


特に、スーパースターは多分、二度と行きません(笑)


ゴゴバー初心者の方は、スーパースターは行かない方が良いと思います、集られます



ゴゴクルージングをしていたら、あっという間に23:00


運命の別れ時です


時間を過ぎても連絡が来なかったので、これはダメかなぁと思いつつも、オーナー様に連絡をしてみます


すると・・・


「お待ちしてます!」とのこと


待ってて良かったです(笑)


さっそくタニヤ通りに移動し、ONXYに行くための準備を整えます


 border=0



本日、2杯目ですが、構いません


一気に飲み欲し、お嬢とオーナー様が待って頂いているので、急ぎ足で向かいます


お店に入ると、既にお嬢はスタンバイ


ONXYに行きたくてウズウズしている感じが伝わってきます(笑)


最後にオーナー様とペイバーの条件を再度確認し、嬢と一緒にお店を出ます


それにしても、運が良かったです


綺麗で、ONXY大好きと言う、まさに私の求めていたお相手です


嬢に手を引かれるまま、タクシーに乗り込み、さっそくRCAに向かいます


 border=0


前回はシーロムからRCAまで遠いなぁと感じましたが、今回は一瞬でした


メーターで行ってくれたので、100Bもかかりませんでした


このお嬢、超絶綺麗なのに、タクシー運賃の値段交渉が凄い


「メーターじゃない」と分かると、一蹴して次のタクシーへって感じです


凄いしっかりしています、というか私が払うのですが、ここまでやってくれると払う方も気分良いです(笑)



ONXYに入場する前に、セキュリティーチェック


以前はパスポートの写しじゃダメと言われましたが、今回は大丈夫でした


ボディチェックの時に、両手でお尻を鷲掴みにされたこと以外は、特に問題無し


合計3500B程の、割もの付のウイスキーボトルを購入し、店内へ


23:00を廻ってたので、店内は激混み


 border=0


パタヤのハリウッド以上の混み具合ですね


また後方席かなぁと思っていたら、嬢が私の手を引いて、ズンズン前に進みます


着いた場所は、ステージ目の前の席


 border=0


タクシー内で、お嬢がテーブルを予約してくれてたそうです


どうでもよいけど、「RESERVED FOR LADY」って、男性の場合は「FOR MAN」になるのかな?


席に付くと、スタッフの方々が急いでドリンクの準備に取り掛かってくれます


お嬢、流石です(笑)


ONXYの常連者ぶりを遺憾なく発揮しております


お酒が揃い、Let’s Party!!


 border=0


私は既に酒が廻っていたので、最初からテンション高かったのですが、お嬢はそれ以上のテンションでした


パタヤの元お気にもディスコ好きでしたが、このタニヤ嬢はそれを超えます


めちゃくちゃ楽しそうです(笑)


しかも、めっちゃ飲みます(笑笑)


何で水が用意されているのかなぁと不思議に思っていましたが、途中からウイスキーショットの連続でした


ウイスキー&コーラはショットグラスを飲んだ後の水代わり


それにしても、お嬢、ギリギリまで仕事でお酒飲んでいたらしいですが、全く酔っている気配が無い


マジで強いんでしょうね


嬢と楽しんでいたら、韓国人らしき男性が乱入


狙いは、もちろんお嬢


「乾杯!!」 → 「連絡先教えて~」といういつもの流れ


連絡先をゲットし、嬉しそうに去って行きましたが・・・フェイクアカウントのようです


美人だと、そういう対策も必要なんですね


そいえば、私もまだ連絡先交換してなかったですが・・・


うん、交換するのはやめておこう


先程の出来事で一瞬酔いから冷めましたが、その後のウイスキー祭りで再び元のペースへ


嬢達と円陣組んだり、訳わからないことしていました(笑)


結局、閉店の2:00までONXYで騒いでおりました


 border=0


このONXY棒は、ちょっかい出してきた男性その2からゲットしたものです(笑)


パタヤのハリウッドは朝の4:00頃までやっていますが、クローズ間際は閑散としていました


ONXYはクローズが2:00と早いので、殆ど満席状態でしたね


嬢と屋台でガイヤーンを購入し、食べながらタクシーで移動


 border=0


アソーク近辺で降ろして貰い、嬢達と別れます


別れ際に「ゴゴバーに行っちゃダメだよ!!」と念押しされます


「酔ってるから、直ぐホテルに戻って寝るよ」と言って、最後に不意打ちのキスを貰ってお別れ


意外と、ブチュリといったので、お互いウイスキー味を堪能したかと


多分、この時は嬢の方が酔ってたと思う(笑)


私は酔いが覚めかけてたので、テーメーカフェを見に行くことにしました


あわよくば、ここでお安くペイバー出来ないかなぁと


着いたのは、2:00過ぎており、お店は既にクローズしておりましたが、出口に客待ちの嬢?がたくさん居ます


 border=0


 border=0


まず、女性なのかLBなのかって感じですが、綺麗な嬢はLBなんでしょうね、きっと


一歩近づくと、お嬢達が微笑みを向けてくれますが、たじろいでしまい、撤退


先程のタニヤ嬢とのルックス差が激しすぎて、選べません(笑)


なんか、段々目が肥えてきたような気がします


その後、ソイカウボーイへ移動


 border=0


3:00分頃ですね


殆どのお店は閉まっていましたが、こういう雰囲気は結構好きです


屋台でガイヤーンを購入し、食べながらぶらつきます


 border=0


少し、ビアが欲しくなってきたので、路上のバーでハイネケンを購入し、ガイヤーンを摘まみにドリンキング


バーのオネェちゃんはLBっぽいですね(笑)


昔は、こういう夜中の路上バーも多く、中には若くて可愛い嬢が居ましたが、今は数も少なく、しかも店員がLBに代わった感じがしますね


一本でチェックして、ホテルへ


部屋に着いたのは朝の4:00頃


もちろん、1人寝です(笑)


そいえば、バンコクではまだ一度も嬢と一夜を共にしたことが無い気がする


昔は意地でもペイバーしてましたからねー、まぁ大人になったというか、思考が変わったのでしょう


シャワーを浴びて、就寝


長い1日でした


新しいことにチャレンジすると、1日が長く感じますね


※チャレンジと言っても、タニヤ店に行っただけですけどね(笑)



翌朝


10:00頃に起床


昨日は散々飲みまくったのに、意外と二日酔いは無く、気持ちの良い目覚めでした


ONXYではボトル一本空きましたが、よく無事だったなぁと


ウイスキーショットはマズイので、今度からはテキーラにしたい(笑)


お腹も空いてきたので、何か食べに行こう


つづく



-2017年8月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.