2017年8月タイ・バンコク旅行

2017年8月タイ・バンコク旅行::タニヤ編 その③ タニヤ⇔バッポン→ソイカウボーイ

更新日:

翌日

私の腎臓が頑張ってくらたおかげか、二日酔いにはならず、爽快な朝を迎えます

今回宿泊したホテルは非常に居心地が良かったのですが、折角タイに、しかも久しぶりのバンコクなので、早速外出します

 border=0

ホテル、マジ綺麗っす

久しぶりにこういうホテルに泊まりましたね、今までパタヤの安いホテルばっかりだったので

特にやることもなく、適当に散策

と言っても、散々散策した場所なんですけどね・・・

 border=0

個人的には懐かしく、原点回帰というよりも、いつ見ても心安らぐ景色です

バンコク・・・というか、タイ、良いですね

永住したい、という気持ちもありますが、「楽しみは後に取っておく」というように、慣れてしまってはダメな場所です

この退屈な人生に、心躍る景色、絶対に日常化してはいけません!!

もはや、私の一番の楽しみはタイになってしまったので、死ぬまでこの景色を楽しめるように努力したいと思います

Soiの通りを歩いていると、ちょうどお昼時だったので、ここで朝昼兼の食事にします

 border=0

プレートの色が凄い・・・というのにはTwitterのフォロワー様に言われるまで気づきませんでした(笑)

アロイです、これぞタイ

タイに来ましたら、絶対に現地100%の料理を食べるべきです!!

食後は、運動がてら適当に歩きます

この辺りは、エロと健全の中間層と言いますか、何ともグレーゾーンなマッサージ屋がたくさんあります

 border=0

適当にこの辺りのマッサージ屋に入ります

入る時は、可愛い嬢が呼び込みしてきた時だけです

だいたいこの辺りのマッサは個室が多いです

若い嬢だとほとんどが下半身を責めてきます、もはやこのブログでもおなじみですね

今回も嬢がふざけてなのか、やたらと下半身を責めてきます

リンパ線が通る場所なのか知りませんが、チンコを触っている時点で意図がありますよね

結局、私は大きくなります(笑)

嬢はニヤケ顔で「Big、Big」と言ってきましたが、それ以上に発展することはなく、無事にマッサージ終了です

人の股間を弄んどいて何も無いわけなので、嬢のおっぱいを掴んどきましたが、お咎め無しで、嬢はニコニコしています

何か、ちょっと可愛げがあったので、少しだけチップを渡しておきます

「また来てね~」とチップを貰って嬉しかったのか、嬢は上機嫌

マッサ屋を出た後は、再び歩きます

 border=0

天気、最高ですね

折角なので、立ちんぼが昼から居そうな場所をフラフラします

この辺りとか

 border=0

さらに、この辺りとか

 border=0

実際に立ちんぼさんを見つけたのは、ここです

結構、若い感じのタイガールが居ましたが、私が通っても素通り

ファランをメインに声をかけている感じですね

ちょっとだけ可愛かったので、先程、煽られた勢いをここで発散すべく、近くのマックで嬢の様子を見ます

 border=0

というか、ただ単に歩きすぎで汗かいただけですけど

コーヒブレイクの後に、何食わぬ顔で、4度目くらいかな?嬢の傍を横切ったところ、ようやく嬢が微笑みました

「おっ」と思うと同時に、「ん?」という不思議な感覚に見舞われます

LBじゃないか??

だいたいLB?かな?と思う時はほぼLBです

そもそも、可愛いのに客は付いてないし、こんな真昼間というのも違和感

結局、私もそのまま通り過ぎ何事も無いまま終わりました

そのままアソーク方面に歩みを進めます

 border=0

ターミナル21の隣にある有名レストラン

こういう場所で嬢と食事するのも有りだけど、お高いんですよね

ナナ⇔ソイカを歩き回っても特に収穫がなかったので、近くのブロウジョブバーへ行きました

 border=0

お相手はこのお店にしては若く、23歳とのこと

若いし、それなりに可愛いので一発OKでゴーアップします

さっそく下半身を洗ってもらいブロウジョブして貰います

熟女に比べたら、もの足りなさはありますが十分ですね

奥まで咥えて貰い、安らぎの極地に居たら、嬢が舐めながらズボンを脱ぎ始めました

嬢から「SEXしたい」とのこと

一応、ここのお店は、ブロウジョブが700Bでスパンは1200B

700BでもOKとのことなので、嬢に口で抜いてもらった後にスパンすることにしました

愛撫が必要かなと思いましたが、指はすんなり奥まで入りました

少し弄った後に、インサート

膣内はじんわり熱くて、良い感じです

ソファーでのスパンなので、体位が難しかったですが、終始バックで嬢を責めます

嬢はお隣さんに負けず、声を荒げて、本当に気持ちよさそう

だいぶ、堪ってたんでしょうね(笑)

しばらく平然と突いていると、嬢が逝ったらしく、STOPがかかります

「Ok、OK」と再び突く許可を得たので、自分もこの際に弐発目を発射

嬢から「サンキュー!!」と抱き着かれキスまでされますが、もうね、嬢がいままで私の一物を咥えてたことなんて気にしてたらダメですよね(笑)

1階に下りて、お会計

700B+嬢へのチップ100B

合計、800B

ブロウジョブで1発、スパンで1発で800Bという素晴らしいコスパ・・・

お店を出ようとすると、引き止められて仕方なくハイネケンを注文し、しばし寛ぎます

嬢は私の事を相当気に入ってくれたらしく、横でベッタリ

久しぶりにモテた気がします(笑)

ゴゴ嬢には相手にされませんが・・・

ビアを飲んでいると、嬢が再び私の股間に顔を埋めてきます

「もう一回しよう」と

マジかい!!って思いましたが、お嬢は本気らしく暫くするとチャックを開け始めました

どこまでするのかなと半信半疑で嬢の行動を見ていましたが、結構マジらしく、咥えてきました(笑)

カウンターのママさんから「ゴーアップしろ!!」とのことで、もう一度やり部屋に行くことに・・・

ブロウジョブで3回戦は初めてかもしれません

部屋に入るなり、直ぐに嬢が先ほどの続きでチンポを咥えてきます

咥えながら、嬢はスッポンポンになり、しばらくすると入れようとしてきます

お会計がどうなるのか心配でしたが、日本では全く求められない私なので、タイでは頑張ろうと思い、3回戦目に挑みます

正常位が良いというので、頑張って突きます

キスしろというので、キスもします

タイに来てから、自分のチンコと間接キスをしたのは何回目だろうか

で、嬢がタイ語で何か言ってますが、多分、「もうちょっと、もうちょっと!!」みたいな感じです

まぁ、雰囲気ですが(笑)

で、嬢が逝ったぽく、ようやく私の腰から嬢の手が離れます

私はまだフィニッシュしていなかったので、引き続きスパンスパン

最後は、立ちバックで鏡で嬢のムッチリとしたお尻を眺めながらフィニッシュ

周りに鏡があると色んな方向で見れて良いですね(笑)

嬢にはスパンしたので、300B程進呈

ぶっちゃけ私もチップを貰っても良いのでは?と思う働きぶりのはずですが、まぁこんなもんですよね

因みに、300Bというのは1時間当たりの部屋の利用金額です

再び、下半身を綺麗にして頂いた後に、1階へ戻ります

今度こそはとお店の外に出ようとしますが、最後の最後でLINEを交換し、チェックビン

結局、ドリンク含め、1200Bくらいかかりましたね(笑)

でも、ブロウジョブバーはパタヤと同じくらいの金額設定なので、良かったです

その後は、ホテルの部屋に戻り、軽く有酸素運動をした後に、本命の夜遊びに行きます

今回も目的地はシーロムです

つまりは、バッポン・タニヤエリアですね

昨日は、タニヤ嬢と満足行くまで遊べたので、今日はバッポンゴゴバーで遊ぼうと思います

MRTに乗る前に、夕食を取ります

 border=0

いつものバーミヘンです(笑)

注文してから、3分くらいで用意してくれます

最高にアロイです

何故、これが日本に無いのか不思議です

その後は、MRTへ

 border=0

皆様、これをご覧ください

この状態で、切符を購入して、シーロムまで行きたいと思いますでしょうか??

私はコレを見て、何度かタニヤ行くのを諦めました(笑)

でも、今回は事前にパスモ的なのを購入しているので、スムーズです

MRTに乗り込み、シーロムへ

シーロムに着いた後は、本日の予算を全てタイバーツに両替ます

 border=0

最近は、1万円が3000B超えていたら、マシだと思うようになりました

6万円ほどバーツに両替し後は、いざバッポンへ!!

時間がまだ早かったらしく、バッポンゴゴバーは空いておりませんでした

どうしようかな~っと思いながらタニヤ通りを歩いていると、突然後ろから声を掛けられました

昨晩のタニヤ嬢です

ノーメイクだったので、ハイソガールのタイ人らしさをちょっと垣間見た瞬間でした(笑)

お嬢「何やってるの?」

バッポンゴゴバーが空くまでウロウロしていたとは言えず・・・

私「君のお店に行こうとしてたんだよ」

お嬢「来るの早すぎよ(笑)、じゃぁ30分後くらいに来てね!」

じゃあ、後でね~っとお別れ

まさかタニヤ通りでばったり会うとは思いませんでした

うむむ、今日はゴゴバー巡りはダメかなぁ

そろそろ、ゴゴバーオープンだったので、いつもの飲んでバッポンに行きます

 border=0

KC1を覗きましたが、以前居た可愛い嬢達はおりませんね

適当にビアを飲んでいると、30分があっという間に経ちました(笑)

もしかしたら既にお客付いてるかなぁと思いながら、タニヤ店に行くと

既に先客様が多く入られており・・・もう呼ばれてそうだな

踵を返そうとしたら、入口近くのソファーでお嬢が待っていてくれました!!

店外デート禁止のお嬢を選ばれないお客さんは多いのかなと思いましたが、

お嬢「ブッキング済みって言っておいたから(笑)」とのことで

こういう優しいお嬢は、今後擦れてしまわないよう、祈るばかりです

半個室っぽい席は既に埋まっていたので、オープン席へ

お嬢とまったりドリンキング

 border=0

日本の懐メロ聞きながらお酒飲んでると、何か昭和の日本って感じがする

ボーっとしていると、ちょくちょくお嬢がキスしてくれるのが嬉しいですね

特に美人だと(笑)

時間が来たので、チェックしようとしましたが、

お嬢から

「この後はどこ行くの?」と

「まだ、ディスコは早いよね?」と

「まさか、ゴゴバーに行くんじゃないよね?」と

・・・何も言い返せず、延長することにしました

お嬢の友人も合わせて、3人で飲むことにしました

この2人は、ドリンクの催促も無く、一気に飲み干すことなく、のんびり飲んでくれるので非常に助かります

結局、お嬢とダラダラと居座ってしまい、3時間ほどお店にいました

気が付いたら、お嬢がチェックビンしており(笑)

お会計は7000Bくらい

「あとで、スクラッチドック行きましょう!!」と、帰り際に連絡先を交換

再び一人になった後は、しばらくタニヤのお店を見た後にバッポンへ

 border=0

バッポンゴゴバーを何店か覗くも、イマイチだったので、適当なバーでドリンキング

 border=0

飲んでいると、お嬢から「何処にいるの?」と来たので、バッポンのバーで飲んでるよと写真を送ると

「ゴゴーバーにいるの(怒)!?」

いや、違うって

お嬢、何でこんなにゴゴバー嫌いなんだろうか

しばらくすると、雨が降ってきました

「雨降って来たよ」と伝えると、「Oh・・・My hair、Oh na」

もはや英語では無いですが、ちゃんと通じるのが面白いですね

結局、昨日のONXYもあり、お互い疲れていたので、適当にご飯食べに行くことになりました

近くの居酒屋で夜食

 border=0

メンツは先ほどのお嬢と友人と3人

「So hungry」とか言ってましたが、カロリー控えめな感じです

正直、かなり眠かったのですが、お隣で嬢がせっせとキュウリに塩からを載せて、口に運んでくれます

3人で飲んで食べて、1200Bほど

お店を出た後は、3人でタクシーに乗りアソークへ

嬢の友人は助手席で、私と嬢が後ろの席に座ります

さり気無くお嬢が何度かキスしてくれます

ソイカウボーイ近くの交差点で降ろしてもらい、お嬢とお別れ

ゴゴバーには行かないよう念押しされます

お嬢を載せたタクシーが見えなくなったところで、ソイカウボーイへ向かいます

3:00までは営業してますからね

最後は乱れたかったので、全裸ギャルの居るクレイジーハウスへ

深夜2:00を廻ってるのに、異様な盛り上がり(笑)

ステージ上では全裸の女性が躍りまくっており、かぶりつきの席で嬢の裸体を眺めておりました

本当に、バッチリ見えるから凄いですよね(笑)

セクハラ用のお嬢を呼んで、ドリンクをゴチ

豊満なおっぱいを揉みながら、お嬢とイチャつきます

キスも積極的で、良い感じの嬢だったので、軽くテキパします

さっきまで、眠かったのですが、何故か元気出てきました(笑)

嬢のアソコを弄っていると、「ホテルでしなさい(笑)」とママさんに怒られます

そうこうしているうちに、3:00となりクローズ

 border=0

とりあえず、お嬢はホテルに来るそうなのでお持ち帰りします

店内でマン臭ゼロであることは確認済みです(笑)

 border=0

お嬢は明日学校が朝からあるそうなので、さっそくスパンしました

綺麗な声で喘ぐ、優良嬢でした

思わず、2発してしまいましたが、お嬢はウェルカム!!とやる気満々

おっぱいもオリジナルで形の良い素晴らしいお乳です

 border=0

お持ち帰りする嬢は、顔よりも身体が綺麗で、優しい嬢が良いですね

あと、エロいと尚良いです(笑)

5:00頃に、お嬢と部屋の前でお別れします

さすがにクタクタで、喉もカラカラだったので、水飲んで就寝

つづく

-2017年8月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.