2017年8月タイ・バンコク旅行

2017年8月タイ・バンコク旅行::タニヤ編 その④ ラストナイトもタニヤで

更新日:

翌朝、10:00頃に起床


この日もそこまで体調は悪くならず


軽く朝のウォーミングアップのため、ビリーズブートキャンプをやった後に、今回はトンローへ向かいました


以前から、タイで温泉入りたかったのですよね


プロンポンの「森の湯」、かトンローの「レッツ・リラックス」


折角なので、新しく出来た「レッツ・リラックス」へ行くことにしました


場所は、トンロー駅から5分~10分ほど歩いた場所にあります、Grande Centre Point Hotelの中にあります


さっそくホテルを出ます


 border=0


めちゃくちゃ天気良いです


バンコクのアソークは都会のイメージですが、こういうちょっと古びた感じの景色が残っているのが良いですね


 border=0


BTSに乗り、トンローへ


そいえば、トンローで降りたの初めてかもしれない


ちょうどトンロー駅直下に、日本のラーメンチェーン店があったので、お昼にします


 border=0


THE まぜそば!


 border=0


油そばとは、また違ったジャンルなんですかね(笑)


超アロイとは言いませんが、癖になるお味ですね


食後は、Grande Centre Point Hotelへ向けて歩きますが、慣れている方はバイタクを利用した方が良いです


歩ける距離ではありますが、ここはタイです


暑いです(笑)


駅から迷わなくても、10分はかかると思った方が良いと思います


まぁ、バイタクでおいくらで行ってくれるのか解りませんけど・・・日本人と分かればぼられて、50Bとか言いそうです(笑)


さて、トンロー駅から歩いた私は汗だく状態でホテルに到着


確か、5階?に上がる様に言われます


 border=0


ようやく着きました


ロビーと休憩所が合体したような場所に出るので、まずはロビーで受付します


温泉オンリー or 温泉+マッサージが選べます


他にも、オイルマッサやボディースクラブ?だか色々とカスタマイズが出来たと思います


私が選んだのは、温泉+タイマッサー(120分)のコースです


お値段は1400Bくらい


「タイマッサージは何時くらいからにする?」と最初に聞かれるので、1時間後くらいにしておくと良いと思います


リストバンド的なのを貰い、さっそく温泉に入ります


バスタオルや、手ぬぐい、浴衣を貰い、いざ入浴


 border=0


男の裸を写しても面白くないので、これ以上、風呂内の写真は御座いません(笑)


まぁ、そもそも撮影禁止エリアですからね


温泉ですが、日本のように一式揃っている感じです


下呂温泉、シルクバス、炭酸、冷水、スチームサウナ、ドライサウナ


入る順番もレクチャー(フロー図で)がありました


シルクバスがお肌にやさしそうで気持ちが良かったですね


スチームサウナはチンコが燃えそうでした(笑)


1時間、ゆっくり温泉を堪能しました


軽く水分補給をして、ロビーへ戻ります


 border=0


時間ジャストに来ましたが、10分ほど待ち、マッサージへ


もちろん、若い嬢は期待出来ません(笑)


 border=0


120分、がっつりマッサージしてもらいました


流石、ホテルのマッサージのおばちゃんで、痛気持ちい範囲で留めてくれます


たまにゴリゴリ強くやるおばちゃんが居て、「痛いストップ!!」と言うと、


「コレがタイマッサーだ!!我慢しなさい!!」


「貴方の身体が硬いのがいけない!私も痛いのよ!!」


と言われたことが10月編でありました(笑)


タイマッサージの文化を知らない私は、本当のことか解りませんが、肘で無理やりほぐすのは身体に良くないと思います


と言うか、そもそもマッサージって・・・揉み返しが来るからリピートに繋がり・・・モゴモゴ


マッサージ終了後、再びロビーへ


 border=0


暫くすると、おばちゃんがフルーツみたいなのを運んできました


 border=0


うん、甘い


マンゴーはかなりジューシー、果物好きな人には良いのでは



ホテルを出た後は、既に17:00を廻っておりました


これ、またトンロー駅まで歩くのはつらいな・・・


せっかく温泉に入ってまた汗かくのは嫌なので、バイタクでアソークまで行って貰いました(笑)


ホテルでまったりした後、夜遊びに出かけます


まずはナナプラザへ


 border=0


大変申し訳ございませんが、都合により一旦割愛します



翌朝


昨晩の記憶があやふや状態で、気が付いたらベットの上状態でした


帰巣本能というより、寝る前は意外としっかりしてそうですね(笑)


とは言え、昨晩は大分飲んでしまい、結構体にきております


特に胃が・・・


日本では殆ど下痢なんてしないのに、ここに来てお腹を下します


昔はここまでお腹を下したりしなかったのですが・・・年ですね


正露丸は常備していたので、問題無しですけどね


本日は最終日ですが、ホテルでグダグダ


16:00頃にようやく重い腰を上げて、プロンポンのアディクトマッサへ


久しぶりにお店に来ましたが、だいぶ内装が変わりましたね


嬢も部屋の数もかなり増えている印象です


黒髪の優しそうな嬢をチョイス


これが大当たりで、素晴らしいサービスでした


「足が三本あるNa」とアイスブレイクから始まり


「チェック Na」と言って、ジャクジー内でのブロウジョブ


Make Love中も丁寧なブロウジョブで、かなり癒されました


指入れはNGでしたが、濡れてきたので指入れたら、「気持ち良い」って言ってました(笑)


腕がしんどくなってきて、まだか、まだかと耐えながら手マンを続けて、もう耐え切れなくなりそうなところで、ようやく嬢が満足


手マンの体勢って、右手で自分の身体を支えて、左手で嬢のアソコを弄ってと、意外とキツイです


その後、正常位とバックでフィニッシュ


嬢にナイスファイトNa!!とお褒めの言葉を貰い、時間までマッサージしてもらいました


最後、再び大きくなりましたが、時間無く、シャワーへ


 border=0


エロマッサのお嬢は顔で選んではいけませんね


その後は、ナナ駅近くのいつもの場所で、夕飯


 border=0


エロく撮りたかったのですが、意味不明な角度になりました(笑)


夕食を食べた後は、バンコクラストナイト


今日こそは、ペイバーしてやる!!と気合を入れてナナプラザへ


マンダリン、ツイスター、レインボー系列を見て廻りますが・・・


納得のいく嬢は見つかりません


居るには居るのですけどね、若いしそれなりに可愛いし・・・だけど、5000B払うほどかな?と


多分、初期の私であればすんなりペイバーしてたかもしれません


やはり、目が慣れてきたんですかね


というか、元パタヤのお気に嬢、昨晩のタニヤ嬢と比較してしまうと、ダメなのです


ゴゴ嬢に関しては、エロボディ観点で選んだ方が良いかもです


結局、お相手は見つからず23:00頃に再びタニヤの地へ


最終日なので、冒険する気も無く、タニヤ嬢のいるお店へ行きます


お店に入ると、ちょうどばったり入口でタニヤ嬢と遭遇


ちょうど、前のお客さんの仕事が終わったそうです


相変わらずタイミングが良すぎる(笑)


そのままお嬢を連れて、今回は半個室席へ


店長さんが、お嬢の友人で可愛い嬢が居るから、ぜひ!!とお勧めされたので、その嬢も呼ぶことに


お嬢と2人で飲んでいると、さっそくやってきました・・・が・・・


日本語がペラペラ


ここは、日本か!!と思うほど、日本語がマシンガンの如く、嬢の口から発せられます


英語話しながら、日本語応対していると、なんか頭おかしくなります


お嬢は日本語話せないので、英語で統一することにしました


私の目的は、あくまで”お嬢”ですからね(笑)


それに、日本語で話してた時、お嬢、つまらなそうだったし


途中、3人目も登場し、何故かご飯食べることになりました


本当は、この後”お嬢”と2人でご飯食べに行く予定だったのですけど(泣)


 border=0


最後は、お嬢と2人で飲んで、2時間程でチェック


食事入れて、5000Bくらいだったかな??


ご飯も食べてしまったので、お嬢とはここでお別れ


バッポンエリアに移動し、ゴゴバーを廻るもラインナップはイマイチ


深夜1:30頃、もうダメかなぁ、帰ろうかなぁ、とバッポンからタニヤの屋台通りを歩いていると


お嬢と遭遇


遭遇と言うか、一回すれ違って、お互い振り向いたら「あっ!」って感じ


手を捕まれ、「ご飯食べに行こう!!」と連れ回されます


 border=0


めっちゃデカいコーラを購入した後


 border=0


めっちゃ辛い、タイ料理を頂くことに


少し食べただけでも、舌がヒリヒリ、汗がドバドバでます


殆どコーラしか飲んでいませんでしたね(笑)


お嬢は汗1つ垂らさず、食べていましたが、あんまりたくさんは食べないのですね


ちょっと食べて、話して、ちょっと食べて、話して


他にもLBとかも混ざってきて、夜のタイ嬢の憩いの場みたいになりました


因みに、お嬢は、以前辛い物を食べすぎて病院に運ばれたそうです(笑)


タイに永住したい、とか言ってましたが、こんなの毎日食べてたら、一週間しないで胃がぶち壊れるかと思います


食後、タイのドラッグストア的な場所に連れて行かれ、化粧水的なのを買わされます


夜食(ドリンク含め)+ 化粧水で、合計350Bくらい


安い


何を買わされるのかヒヤヒヤしましたが、これくらいなら全然良いです


最後は、タクシー乗って帰宅


毎度同じ座席配置で、お嬢はしっかりとケアしてくれます


しかし、嬉しさよりも、眠気が


アソークの交差点で、お別れします


タクシー代払おうとしたら、お嬢達が払ってくれるとのこと


さてと


ホテルに戻るか


 border=0


時刻は、既に3:00オーバー


結構長い時間、外の屋台で食事していましたね


ホテルに戻り、就寝



そして、翌朝は6:30に起床し、パッキングとシャワーを終え、7:15分頃にタクシーに乗り込みます


8:00前にはドンムアン空港についてしまいます


搭乗時限は10:30


これなら、もっと遅くでても良かったかな


イミグレも荷物検査も全く混んでおらず、数分で搭乗口まで行けてしまいました


暇だ・・・


近くの椅子でボーっとしていると、ようやく搭乗時刻となり、機内に乗り込みます


やたらとお腹が空いたので、機内食を頂きました


 border=0


サンドイッチ見たいなのは微妙ですね


その後は、爆睡し、成田空港へ


カムバック、ブラックです


そいえば、日本に着いた時に、上長から言われた言葉を思い出しました


「もっと効率化出来ないの?」


効率化するメリットが私に無ければ、出来てもする訳がないでしょうが


日本に着いて早々に嫌な事を思い出しましたが、明日から再び仕事の日々


最近、役職付の方々と仕事でお付き合いするようになりましたが、みんな日本の政治家みたい


もっと仕事もモチベーションが上がると、日本でも楽しく過ごせるのですけどね


よし、とりあえず家に帰ったら、筋トレでもしよう



8月編もこれにて、終了です


今回も長文にお付き合い頂き、有難うございました


次は、9月編、そして10月編ですね・・・書くの疲れてきました(苦笑)


それでは、また!!


~fin 2017年8月タイ・バンコク旅行::タニヤ編



-2017年8月タイ・バンコク旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.