2018年2月タイ・パタヤ旅行

2018年2月タイ・パタヤ旅行 その① ウクライナ嬢に惹かれて

更新日:

皆様、こんにちは


何だかんだ毎月訪タイしてしまっている、ダメ人間のTMです


最近は仕事が辛い以前に、寒くてどうにもこうにもならない状況です


昔は冬も好きでしたが、今は断然、夏、リゾート、パタヤの一択です


そんなパタヤにですが、今回は3泊4日の弾丸プレイをしてきました


当初の計画は、年末年始の後は、3月まで我慢しようと思いましたが、


やはり、ダメでした(笑)


去年と同じく、進歩0です


去年は、バンコクのONXYに行きたくて、そして、今年はTinderでマッチしたロシアン嬢に会ってみたくて、


ついつい、7万円オーバーの航空券をポチッてしまいました


まぁ、良いのです


激しく体力消耗するような遊び方は、若いうちにしておいた方が良いでしょう・・・もう若くないですけど


仕事は毎日残業で帰宅は24:00前後、もうね、何なんでしょうね


まぁ、残業代で毎月去年よりも+10万円以上増えているので、何てことはありません


どうせ、生涯独身なのだから、使えるときに、遊べるときに、やっちゃいましょう!!  ←本当はダメだと思います(笑)


それでは、まだ11月編書き終わってませんが、2月編、Are you ready ?? 世界サマーパタヤ始まります!!



~2018年2月タイ・パタヤ旅行記


2018年の2月


今年は、例年に無い寒さと、例年通りの仕事の忙しさで、帰国後直ぐにタイに戻りたい気分でした


ちょうど、出発の1週間前くらいに、何年振りかの雪


予め雪の注意喚起は出ているにも関わらず、強制出社の社畜


いや、もしかしたら、「休みます」、と言えば休めたのかもしれませんが


まぁ予想通りに、交通機関はほぼマヒ状態


皆、わざとやってるんじゃないかと思うくらい


で、気になるのはフライト状況


国内線はほぼ全滅、国際線についてはあんまり情報が無かった気がしますが、来週大丈夫かどうかが唯一の気がかりでした(笑)


出発当日ですが、予報では雪と最悪の状況でしたが、どうやら大丈夫な感じ


羽田の深夜便だったので、一度家に戻ろうかと思いましたが、仕事が早く終わるはずがないので、そのまま直行できる準備をしておきました


結局21:00頃、なんとか仕事を終え、そのまま羽田へ直行


仕事に関わるものは、羽田のコインロッカーに置き去りにしておきました


1日300円などで、非常にリーズナブルです


ただ、コインでしか支払いが出来ないのが難点ですね


その後は、チェックイン


 border=0


カウンターの窓口が少ないのか、30分ほどかかりました


タイに行けるというのに、何故かこれだけでもストレスが溜まります(笑)


チェックイン後は、荷物検査なのですが、これも前の人がグダグダで時間がかかります


着物を着たおばちゃんが何度もX線検査で引っかかります


なんで、飛行機乗るのに着物着てるんだろうか・・・


結局、1時間くらいかかって、荷物検査、イミグレを通過


搭乗時間まであと1時間30分くらい


今日は何も食べていなかったので、恒例のラーメン&ビール


 border=0


 border=0


大盛りにしたら、お腹パンパンになりました(笑)


食後の散歩を兼ねて、羽田空港を散策


意外とコレが好きだったりします


搭乗時間は、天候の影響で10分早め


 border=0


無事に離陸出来そうで、何よりです


深夜を廻ったころ、タイに向けて出発します


 border=0


2018年初の訪タイです!!


テンションがみなぎってきます


いつもなら寝れない夜中のフライトなのですが、今回は結構寝れました


良い兆候です(笑)


6時間近くのフライトもあまり苦にはならず、


現地時刻のAM5:00頃


タイはスワンナプームに到着


いつものムワッとしたタイの空気に包まれ、さらにテンションがあがります


天国への入管ゲートに向かう坂道ですが、どうにも混んでそうですね


 border=0


 border=0


予想通りの激混み


 border=0


ドンムアンが改善されたのに、何でスワンナは改善されないのですかね


ただ、イミグレの窓口をどんどん開けてくれたので、20分ほどで通過することが出来ました


いつもなら、この後はSIMを購入して、タクシーの運ちゃんと交渉して、という流れですが


SIMは日本で購入済み、そして今回はバスでパタヤへ


こういうところで節約したいですからね(笑)


もうパタヤには10回以上訪れていますが、今回が初のバスです


ベルトラベルとエアポートバスで迷いましたが、予約が面倒だったので、エアポートバスにしました


7:00が始発でしたが、満席で乗れず、1時間後の8:00で予約


 border=0


さて、だいたい用意は済みましたが、実は、まだ私、スーツ姿なのです(笑)


どこかで着替えられる場所が無いか探しますが、無いですね


個室のトイレは全部閉まっているし


仕方ないので、人気の無い場所で着替えました


まぁ、パンツ一丁姿になってたのなんて、ほんの10秒くらいですからね


問題なしです(笑)


その後は、Magic Foodで朝ごはん


 border=0


アロイけど、現地で食べた方がアロイですね(笑)


バスの発車時刻の15分前になったので、近くで待機します


 border=0


続々と人が集まってくるので、「あぁ、この後に付いていけば良いのか」と安直な考えで、


皆の後に付いていきました


 border=0


楽勝だなぁと思っていましたが、ふと思うところが


ネットの情報だと、


①スタッフが「パッタヤー、パッタヤー」と召集すること


②荷物を預ける際は、名札みたいなのを付けること


これが、無い


 border=0


しかも、何となく車体の色も記憶のものと違うし・・・


なので、「これ、パタヤ行きですか?」とその辺りにいるスタッフに聞くと


「違う、違う!!」とタイ人の割に、なんだか忙しそう


やっぱり違うのか


で、5分前頃に、「パッタヤー」と案内が始まりました


 border=0


預ける荷物は無かったので、そのまま席へ


席は通路側で窓側には誰も居ない


ラッキーって思ってたら、8:00になっても発進せず


その後、韓国人カップルが入ってきて、その片割れが私の隣に来ました


満席になり、ようやく出発


いざ、パタヤへ!!


 border=0


バス内はかなり寒いので、上着必須です


バスに揺られること、2時間弱


最初の経由個所である、北パタヤ(ナックルア)に到着


 border=0


爆睡していたので、本当にあっという間でした(笑)


そして、10分後くらいに、中央パタヤ(パタヤカン)に到着


 border=0


多分、皆さんこの辺りで降りるんではないでしょうか


地図だと、ちょうど、セントラルフェスティバルの真上ですね


折角なので歩こうかと思いましたが、ビーチまで出るのに徒歩だと20分くらいとのこと


面倒なので、バイタクでホテルに行くことにしました(笑)


10分後には、ホテル近辺に着


 border=0


一応、ここまで来るのにいつもなら、タクシーで1200Bですが、今回は


バス:120B

モタバイ:100B


合計220B


スワンナ早朝便の時は、バス一択ですね(笑)


ホテルにチェックインをしようとすると、「部屋のエアコンが壊れてるので、違うホテルに行ってね」と言われます


マジか


今日中に直る見込みは無く、明日からこっちのホテルに泊まってくれと


まぁそれしかないなら仕方がない


別に宛がわれたホテルは、アクアホテル


最近出来た新しめのホテルらしい


此方は直ぐに部屋に入れるらしいので、さっそく使わせて貰うことにしました


 border=0


 border=0


お値段的には、こちらの方が2000円ほど高いホテルなので、一応アップグレードというのだろうか


とりあえず、部屋には入れたので、まずは筋トレ


その後は、外に繰り出そうとしましたが、突然のスコール


暇なので、ウクライナ嬢とLINEしていました


ただ何故か、写真を送ってくれと


Tinderで見てスワイプしたんじゃないのかと思いましたが、Nowの写真が欲しいとのこと


Hm、結構警戒心が強いんでしょうかね・・・


まぁ、減るもんじゃないし、と言うことで送っておきました(笑)


外が少し小降りになってきたので、外出


折角のパタヤなのに、ホテルに居るなんて面白くないですからね


とりあえず、ビール


 border=0


そして、ポテトフライ!!


 border=0


タイでしか食べない組み合わせです(笑)


昼ビール、アロイ


ビール飲みながら、だらけていると再び雨が降ってきました


先ほどは意気揚々としていたウクライナ嬢ですが、この雨で外に出たく無さそうな雰囲気を醸し出してきました


私も初日はゴゴバーに行きたかったので、別に良いのですけど


再び雨が小降りになったところを狙って、Soi6を目指します


 border=0


ついでにバーツに両替しますが、レートは相変わらずの厳しさ


 border=0


せめて、3000B台に戻って欲しいものです


Soi6を散策していると、セブンイレブン完成していました


 border=0


まだポツポツと雨が小降りですが、こういう時こそ、可愛い嬢も客待ち状態のはず


ということで、Soi6を数往復します


 border=0


数往復しないと同じバーでもお嬢がトイレに行ってたり、奥の部屋に行ってたりで確認できないこともありますからね


結果としては、自分の好みにマッチした嬢は2名ほど


1人は既にファラン客がついていましたが、前を通るたびに笑顔でガン見してきたので、そのお店に入ることに


ビールは先ほど飲んだので、ちょっと趣向を変えてみました


 border=0


さて、お嬢はと言うと・・・まだ、ファランが離してくれません(泣)


目当ての嬢が伝票を持って奥に行ったので、やっとか!!と思ったら、追加オーダーだったり


こんな感じで粘ること30分ほど


ようやくお嬢とご対面


やはり可愛い


 border=0


まだ、ここで働いてから4週間とのことですが、既にジャパニーズのお客さん沢山居るらしいです


ということで、興味が失せてきました(笑)


まだスパンしてなかったので、一発して帰ろうと思ったのですが、なんとレディースデー


嬢のアソコを触った時に、嬢がビクッ!!としたので、何かと思えば・・・


LINEを交換して、撤退


時刻は18:30


外はもう何だかんだで良い雰囲気


 border=0


Dollsに寄ろうと思いましたが、目ぼしい嬢も居なさそうなので、一旦ホテルへ


いつもはバイタクで直行しますが、今回はのんびりとソンテウと徒歩


セントラルフェスティバルで途中下車して


 border=0


バービアを覗きながら、テクテクと歩きました


 border=0


リゾート地では、こうでないといけませんね


今までは焦り過ぎておりました(笑)


ホテルで着替えをしてから、再び外へ


まずは、近くのLKから


 border=0


今回の目標の1つであった、某ゴゴバーの超可愛いコールガールを何とか連れ出すこと


ただ、いざ会いたいとなると何故か会えないという、この世の不思議


あの時、LINEだけでも聞いておけば良かったなぁ


本当に一期一会の世界ですね


まぁ仕方ないと思い、馴染みの忍者ゴゴへ


新規嬢はあまり居らず、逆に1年ぶりのお嬢二人に囲まれ、軽くドリンキング


2人とも、どう見てもプンプイ化している


1人はロリ路線なはずなのに、太ったら需要無くなるって解らないのかな・・・


ただ、この嬢にはコンドーム破けて中田氏してしまった経緯もあるので、ドリンクは進呈


30分くらい適当に女体を堪能し、チェックビン


お会計は1000Bくらい


お次は、Walking Street


 border=0


素晴らしい雰囲気です


最近フィリピンも話題になっていましたが、やはりタイを選んで良かった


この気分の高揚は、ここでしか味わえません


さて、まずは意外と好きな、ウィンドミルへ


たまに可愛い嬢が居るので、店内で悪戯しようと思って入店しましたが


選べるラインナップでは無かったので、1杯でチェック


そして、今夜のメインイベント


ブロガーの時々マカオでライチさん、そして、シーシャの王様のお二人が、丁度パタヤに来ているとのこと


これは是非ともお会いしなければ!!と思い、センセで待ち合わせをすることに


センセで、お二人と合流し、さっそく店内へ


実は、ライチさんとはこれが初対面


お互い何度も訪タイしておりますが、ほとんど被ったことが無かったですね


店内では、お嬢を見るよりお喋りに夢中になってしまいました


一応、嬢チェックは欠かしませんでしたけどね(笑)


この後ですが、ライチさん達は別案件があるそうで、センセで今夜はお開き


私は、ウクライナ嬢から「明日にしよう!!」と言われてたので、案件0


嬢は、ゼルダの伝説のプレイに夢中になっているらしい


何でTinderでマッチしたのかと思っていましたが、日本のゲームが好きだったんですね(笑)


お二人と別れた後は、いつものごとく、パレスへ


 border=0


若干、火力不足気味感はありましたが、それでも可愛いお嬢はチラホラ


1人嬢を召喚し、ドリンキング


嬢のおっぱいを集中的に揉みました


パレスは店内で楽しめるところが良いですね


それなりに飲んで、チェックビン


1500Bくらい


小腹が空いたので、いつものガイヤーンを頼みます


 border=0


最近は、この豚肉ウインナーに嵌っています(笑)


次はどうしようかと迷っていると、絶賛、ゼルダをプレイ中のウクライナ嬢からLINEが来ます


ウクライナ嬢「Walking Streetの写真送って」


はい、はい、と適当に送ります


 border=0


ウクライナ嬢「貴方の顔も一緒に映して」


これも適当に送ります


ウクライナ嬢「Very beautiful creature」(原文そのまま)


これ、褒められてるの?


その後もウクライナ嬢とのLINEは続きますが、今晩の嬢を探すため、ドールハウスへ


 border=0


パッと見た感じは微妙かなーと思いましたが、1人良さげな嬢がいました


さっそく、召喚してドリンク


予想通りのエロ接待


エロい娘は好きです(笑)


嬢を弄っていると、シーシャの王様が途中参戦してくれました


このお嬢以外、あんまり選べる娘が居なかったので、24:00を廻ったところで、チェックビン


最後は、近くのワッツアップへ


 border=0


馴染みの爆乳嬢が居りましたが、召喚しないで居ると思いっきり指差されました(笑)


「貴方にはたくさんのレディが居るのね」と毎度お馴染みのセリフをスタッフにも言われます(笑)


ショータイムが始まってからは、あんまり刺激が無かったためか、うたた寝


3:00頃に、チェックビンしましたが、シーシャの王様と何話していたかの記憶があまり無い・・・


そして、ウクライナ嬢はシーシャの話題に食いついて来て、ほぼ明日会うことが決定


で、ホテルに戻った後は・・・


お嬢とそのままシャワーも浴びずにスパン


嬢も酔っていたのか、かなりエロく、手マン後のブロウジョブが素晴らしかった


 border=0


20分くらい舐めてくれました(笑)


その後は再び、手マン、そして挿入


お嬢の乱れ具合が半端無かったです


バックから突いて欲しいと言うので、お望み通り、バックからのスパン


 border=0


挿入した時の嬢の動きが凄い、そしてエロい


途中、疲れ尽きてお嬢と寝たり、起きて再開したりを繰り返していたら


スパン開始から終了まで、約150分!!


途中で何回発射したのか解りません(笑)


そのまま裸で爆睡した後、7:00頃にお嬢は帰宅


チップは3000B


もう一眠りしようかと思って、トイレに行って、ふと鏡を見ると


首筋に痣が・・・また、初日にコレか(悲)


スパンしている間に、嬢が首筋辺りに顔を埋めていた記憶は確かにあるけど


何で、わざわざキスマーク付けるのだろうか


誰得なの??


今日の夕方のウクライナ嬢とのデート、どうしようか


悲しみに暮れながら、二度寝



つづく



-2018年2月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.