https://tmbkk.com

2019年8月タイ・パタヤ旅行

2019年8月 タイ・パタヤ旅行 その③ 最終日の法則って何だっけ

投稿日:


3日目


隣に誰も居ないベットで、目を覚まします


トイレに行きたいけど、面倒だから行きたくないなぁーっと思いながらも、限界が来たので起きました


昨晩のスパンが脳裏に焼き付いており、中々頭から消えなく、朝からおっ立ち状態


こういう時に、朝からスパンさせてくれるお嬢の有難味を感じます(笑)


最近は1人寝なんて無かったのですが、やっぱり、ゴゴ嬢は早帰りする娘が多いですね


彼女らとはゴゴバーで、ホテルにはインソムニア嬢、これがベストです


寝起きでフラフラしておりましたが、昨晩使ったであろうサガミオリジナルの抜け殻を拾って、ゴミ箱へ


流石に、清掃スタッフの方にゴムまで面倒見て貰うのは嫌ですからね


ゴミ箱をふとみると、嬢のパンツと胸パットが捨てられておりました




パットは解るけど、何故にノーパンで帰ったのか


そいえば、前回ペイバーしたバービア嬢も、パンツ履かないで直ジーパンでしたけど、絶対に衛生上良くない


とりあえず、ゴミ箱に突っ込んでおきました


嬢が履いていると魅力に見えるパンティーですが、パンツだけだと何にも魅力がないですね


シャワーを浴びて、14:30頃に外出


パタヤはどこも活気があって良い雰囲気です




ぶらぶらと歩きながら、気になった場所をチェック




もうお分かりかと思いますが、LKメトロ方面に向かって歩いております




確か、P.P.マッサージを横切って、サードロード当たりだったような・・・


昔の記憶を辿りながら、炎天下のなか歩き続けます


パタヤの日中は短パン、ビーチサンダルがマストですね、暑すぎます(笑)


歩くこと、5分くらいで目的地に着きました




以前から、この看板を見て気になっていたんですよね


店内はお客さん少な目だけど、この感じが良いです




メニューは沢山ありましたが、鍋焼きっぽいのが気になったので、適当に選んでオーダー


「スパイシーなトムヤンクンヌードル」との表記があったので、辛くしないでね、とこれも忘れずに




じゃん


日清のチキンラーメンに具材どっさり入れた鍋焼きヌードルって感じです


スープのトムヤンクンがかなり癖になる味、全て飲み干しました(笑)


これは、リピート有りな気がします


食後は、歩くの面倒になり、バイタクでホテルへ向かいます


が、その道中で、おっぱいムッチリなマッサージ嬢?を発見


直ぐにバイクを止めて貰い、お店に向かいました・・・が


もう居ないんですよね(怒)!!


当たりをウロウロしましたが、他のマッサージの呼び込みが煩いので、諦めます


場所的に、皇帝が近くにあったので、肌のケアのために立ち寄ります




私のマッサージ嬢は、今回もデッカイ系の嬢


一体、いつになったら、スレンダーで可愛いお嬢に施術して貰えるのだろうか


まぁ、おかげでマッサージ中に勃起しなくて済むのですけどね(笑)


2階に上がると、二人ほど可愛い嬢が居ました


もう、運すら無いのでしょうね、私は


いつものように、キュウリパックでお肌回復させて頂きました


全工程が終わると、飲み物とお菓子を出してくれます




けど、このお菓子があんまり美味しくないんですよね・・・


600Bと嬢にチップ100Bを進呈し、お店を出ます


なんかスッキリしたし、外は涼しいので、のんびり歩きながらホテルへ


どこかで見たことのあるステーキ屋さん




これ、確かパタヤタイにもあったような気がするので、次回レポしてみよう


パタヤカンをサードロードからビーチロードに向けて歩きます


意外とこの辺って夜遊び場所があるんですよね






ドリンキングストリートの脇にもカラオケありましたね、確か七輪草って名前だったような


この辺りも夜になると全く寄り付かないので、ここも遊んでみたいですね


ホテルに戻り、軽く汗を流して再び外出します


まずは、近場のSoi6から




昨晩と同じ娘にドリンクを献上し、狼藉します


胸は無いので、代わりにお尻を飽きるほど揉んで、2,3杯でチェックビン


運命の出会いが無いかとSoi6の通りを行ったり来たりしましたが、そうそうそんな出会いはありませんね(笑)


汗かいたので、Soi6のドールズで少し休んで、Walking Streetへ




まずは、ピンナップへ行ってみました


意外と客は居らず、需要と供給のバランスが取れていません


嬢、多過ぎる


例のFuck youのお嬢が居ないかなぁと見ていると、隣に座っていました(笑)


向こうは全然覚えていなかったらしく、私も嬢を席に呼んで、お尻を確認してからドリンクを献上


バイクで転倒したという情報は本当らしく、


嬢「顔だけは守った」と、代わりに腕や足には、ところどころ怪我が残っておりました


それにしても、バイク走行中の人を殴るファランとか・・・絶対薬やってますよね


で、何だか情も湧いてしまい、やたらとLDを献上してしまいます




ゴゴバーのモデル嬢は、ほぼ着ていないようなものなので、おっぱいが揉みやすくてGoodです


今回の訪タイは、胸がAカップレベルの嬢ばかり


ようやく、手のひらから溢れるおっぱいを揉めました(笑)


LDを奢ると嬢も上機嫌で、絶え間なくキスしてくれます


調子に乗って、テキーラも




結局、2時間くらい嬢と一緒に飲んで、5000B超え


流石に奢り過ぎたなぁと


それで、嬢のLDをストップしたら、お嬢はすぐさま席を離れ、ダンスへ・・・


何と言うか、久しぶりにゴゴ嬢の手のひらで遊ばれた感がありましたね(泣)


もうこの嬢にLDを奢るのは止めよう


傷を負った心を癒すために、再びゴゴバーを徘徊


馴染みのTeeRakへ入ると、ここでも再び集られます、いや、自分で5杯オーダーしただけなんですけどね




もう先ほどの事は忘れ、両脇に巨乳と中乳の乳を揉みながら、お嬢達と乾杯


いやはや、マネーの力は凄いです、ドリンクあげると嬢の方からおっぱい見せて来てくれます




両サイドからキスされて、耳舐められて、首筋も舐められまくり、最後はテキーラの口移し


もう、記憶飛んでも良いかなぁーって感じです(笑)




特に、この巨乳嬢、凄いホスピタリティです


騎乗位接待で、乳首をペロンと出して、直接口に押し付けてきます


これをホスピタリティが高いというのか解りませんが、とにかく目の前がおっぱい




ここでも5000B位使ってしまい、まだ2件しか廻っていないのに、1万Bを突破


まぁ、楽しかったから良いかな


お嬢に外まで見送られ、次に行きます


インソムニアに行く前に軽くガイヤーンを摘みます




時間は0時を少し廻ったところ、まだまだ夜は長いですからね


インソムニアは今夜も大盛況


ルンルン気分で店内を見て廻ります




いつものガウリーエリアはあんまり可愛い娘は居らず、グルグルとお店を回遊


歩いていると、向かい側のお嬢と目が合い、向こうから手を振ってくれました


ちょっと可愛いなぁって感じだったので、とりあえず乾杯させて頂きます


初見で感じた印象は、おっぱいデカいなぁって言う事と、ガード堅そうだなぁの2点


ガードが堅いとはいえ、ここに居る時点で大したガードでは無さそうですが、ちょっとスパンした後、面倒そうな感じ


あと、背中に刺青がガッツリ入っていたので、それも個人的にはマイナスポイント


適当に消えようかなぁと考えていましたが、何度も乾杯を求められ、応じないわけにもいかず・・・


で、何を勘違いしたのか、私、その娘のおっぱいを揉んでしまいました


お嬢はかなりビックリしていた様子で、お返しなのか、股間を殴られました(泣)


まぁ、もちろん、力は抜いてくれてましたけど・・・


お嬢に謝ったら、普通に許してくれましたが、どさくさに紛れて、その場から消えました


タイに慣れ過ぎると、簡単に手が出ちゃいますね・・・ちょっと気を付けよう


場所を変えて、お次はMixx




1時くらいだったと思いますが、まだ人が少ないですね


直ぐにお店を出て、来た道を戻ります


途中に、CRAZY RUSSIAN Girlという謎のお店があり、ちょっと寄ってみました


地下にあるステージ席に通され、ドリンクをオーダー


1杯200Bとお高く、しかも年増ロシアン嬢のポールダンスを見るだけ


あまりにも面白くなかったので、殆ど飲まずに撤退


暗い道を通り、いつもの場所に戻ってきました




この後、どうしようか


ふと歩いていると、どこぞのゴゴバーのキャッチに捕まり、そのままお店へ


入ったお店は、Wild Cats


確か、ビールにテキーラ付けてくれるゴゴバーだったような・・・


横に着いてきたお嬢はロリロリな娘さん


客を捕まえられて嬉しいのか、凄いハイテンション


なんか私も楽しくなってしまい、ここでもテキーラを奮発


結構酔っていたので、お嬢のパンツ脱がして、しきりに手マンをしていた記憶が


このお店、暗いし、2段目の席はは外からあまり見えないので、店内で狼藉し放題ですね、素晴らしい(笑)


ここでも2000Bくらい消費し、十分楽しんだ後、チェックビン


なんか、今日はもうこのまま帰っても良い気がしてきた、お金も無いし・・・


アルコールのせいで、食欲が出て来てしまい、近くの屋台で夜食




もう、見た目だけで美味しそう




夜中に食べるタイ飯ってなんでこんなにアロイのだろうか・・・


タイ飯をすすりながら、もう帰ろうかなーとも思いましたが


最後の最後で、Mixxに立ち寄ってみることにしました


天才のエジソンも99%の努力をしたからこその発明ですから、平凡な私は100%以上の努力をしなければ良い嬢との出会いは無いでしょう


歩いていると、いつもの如くLBが声を掛けてくるので、スッと躱してその場からいなくなるのですが


LBなのに不細工な嬢だったので、声を掛けられる前に、サッと躱したのですが、後ろから追ってきて、背中を殴られました


軽く叩く程度なら許せるんですけど、背後からげんこつで殴られるとは思いもしませんでした


しかも、去り際に中指立ててこちらを睨みつけるという、どこまでも最悪なヤツでした


皆様もご存じかとは思いますが、LBには気を付けましょう・・・可愛く無いLBには特に。。。


さて、Mixxに入ると、先程とは打って変わって大盛り上がり





Mixxは3、4時頃に訪問した方が良さそうですね


ただ、ナンパ出来るような雰囲気は無く、中央のステージで踊っている嬢達も仲間で来ていて、ダンスして疲れたら席に戻ってって感じ


フリーランスっぽい嬢は、あんまり見かけませんでした


Mixxは諦め、やはりインソムニアで勝負することに


飲み物は特に購入せず、お店の中をウロウロと歩き回ります


先程、セクハラしてしまったお嬢をガウリーエリアで発見


ガウリーに迫られており、微妙な表情をしております


他に可愛い嬢は居ないかなぁと散策を続けますが、今夜はヒット無し


もう十分頑張ったし、今度こそ帰るか・・・と思ったら、TeeRakの嬢から不在着信がありました


何かと思い連絡すると、「今から会おう」とのこと


私「お金無いよ?いいの?」


嬢「OK,Let me go」


これは、最後の最後に来て、ラッキーパンチか??



と、思ったんですけどね・・・結局、嬢とは会えず終い


私「会わないなら、もう帰るよ」と送り、バイタクでホテルへ


ホテルに着いた頃に、再びLINEで連絡が来ましたが、もう遅いし、何となく今日はもう会えない気がする


ということで、まさかの3夜連続の1人寝・・・


最終日の法則、今回はダメダメでしたね



つづく



-2019年8月タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.