https://tmbkk.com

2019年7月後半タイ・パタヤ旅行

2019年8月 タイ・パタヤ旅行 その④ ちょい可愛い位が丁度良い

投稿日:

4日目


嫌な連鎖は続くもので、結局、最終日も1人寝


次回はやはり、インソムニアに重きを置いた方が良さそうですね


パタヤのゴゴ嬢は手強すぎます(笑)


さて、今晩の深夜便で日本に帰らなければならず、パタヤには19:00までしか居られません


昨晩も何だかんだホテルに着いたのは、明け方の5:00頃


たっぷり寝てしまい、現在は14:00過ぎです


明日は日本に着いたら、そのまま出社なので、体力回復しておかなければなりませんからね


何はともあれ、昨晩からスパン出来ていないので、まずはスパン




いつもはゴム2つですが、今回は3つ用意して、エロマッサに向かいます


お店に行くと、目当ての嬢は、丁度お仕事中だったらしいので、一旦出直し


お腹も空いてはいたので、ブッカオの名無し食堂でMAMAを食べます




水は無料で、40B


安くて、アロイ


食後は他のエロマッサも覗いたりして、少しぶらり




この辺り以外のエロマッサも散策してみたいですね


そろそろ終わったかなぁとお嬢の元へ


待ってました!!と言わんばかりにお嬢、抱き着いてきます


お嬢「暑かった?水飲む?」


これが、真のホスピタリティなのかな


外は暑いので店内に入り、まずは一緒にシャワーを浴びます


食後だったので、リステリンをお借りして、お口直し(笑)


お客は私と、多分隣にファラン客1人


一応、オイルマッサを受けているようですが、我々2人は疲れたのでまずはベットでサバイサバイ


腕枕でお嬢と少し寛いだあと、お嬢に咥えて貰います


このマッサ屋の暗がりで咥えて貰うのが、何とも言えないエロ情緒がありますね


発射寸前でストップしてもらい、攻守交替


お嬢が私の頭を押さえて、ずっとキスしてくるので、応じていると、お嬢、濡れ濡れ


スイッチ入ったのか、喘ぎ声も大きく、自分からチンコを入れようとしてきました


ヌルッと入ってしまい、そのままスパン


解らないけど、いつもよりも締まりが良くて、奥にも簡単に当たる


いつもなら、意識して深く入れないと当たらないのですけどね(笑)


ひたすら正常位で、奥をゴリゴリ擦り付ける感じに動いていたら、嬢は早くも昇天


そのタイミングでゴムを付けて、再度インサート


自分もまずは1発発射しておこうと、お嬢の腰をガッシリ掴んで一気にピストン


我慢はしていたので、割と直ぐに1発目は終了


ちょっとベットでゴロゴロして少し休憩


続きは、嬢のブロウジョブからスタート


ずっと正常位は飽きるかなぁと思って、ちょっと変則体位で嬢を責めます


クリもずっと触っていると、大きくなってきているのがちょっと解りました


2発目は2点責めでフィニッシュ


2発撃つと、流石に疲れてしまい、再びお嬢と抱き合いながら休憩


嬢「こんなにゆっくり出来るのは、貴方だけ」


と嬉しい一言かと思えば、他のお客さんは、マッサして、抜いて、直ぐにシャワーして、終わり、だそうです


ぶっちゃけ、その方がサービス提供する側としては楽なんじゃないかと


嬢が「そろそろ、する?」と聞くので、OKします


すると、お嬢はズルズルと私の下半身の方に移動し、再びパクリと咥えて、ブロウジョブ


そして、騎乗位でお嬢からイン


暫くして、最後はバックで突きます


ベットが軋む音が凄かったので、そのうち壊れるでしょうね(笑)


何とか無事に3発目も発射・・・力尽きました。。。


ベットで少し休んで、お嬢と一緒にシャワーへ


シャワー中に嬢のルックスを褒めていたら、お礼に咥えてくれました


明るいところで見ても、やはり可愛い、私の目に狂いは無かったですね(笑)


ギンギンになったところで、お口サービスタイム終了


まぁ、流石に発射までは無理ですね


お嬢に1200Bを進呈し、お水を貰ってお店を出ます




喉がカラカラだったので、水を一気に飲み干しました


冷えたビールをグラスで飲みたくなったので、定番のバーへ




勢い余って、2杯も飲んでしまいました(笑)


滞在時間も残り少なくなり、健全マッサで〆るか、Soi6の例のあの娘に会いに行くか、迷います


どちらも捨てがたいですが、折角のパタヤなのでSoi6にしました


多分、正しい判断ですよね




ここで、あと残り2時間ほど


パッキングの時間とかを考えると、1時間30分、Soi6で遊べます


新規の嬢を見つける時間なんて無いので、直ぐに例の嬢の元へ


先程まで、エロマッサ嬢の女体を堪能しまくり、もう、おっぱいもキスも満足・・・と思っていましたが、


いざ女性が変わると、再び性欲が溢れだしてきました(笑)


男は、1人の女性とよりも、複数の女性と沢山スパン出来るように、作られているのでしょうね


とは言え、リアルにお金が足りなかったので、店内での狼藉のみ


ATMに行けばお金はありますが・・・それだと、きりが無いですからね、仕方なしです




お尻の重さで、中指くらいしか動かせませんでしたが、それでもクリ弄って、指入れてと、お嬢の反応を見ながら楽しんでおりました

そんな事をしていたら、あっという間に時間になりました


嬢は暫く実家に戻るそうで、今度来るのは大晦日~新年の間とのこと


私は、どうしても今年の大晦日だけは日本で仕事をしなければならず・・・


お嬢と最後のベロチューをかまして、チェックビン


お腹が少し空いたので、サクッとSoi6 711食堂でバーミー




ここの店員は女性で、姉妹店のもう1店舗は男性が料理を作ってくれます


私的には、男性の方のお店の方が、カオマンガイもバーミーも美味しい気がする


急いでホテルに戻り、残りあと25分(笑)


速攻でシャワーを浴びて、後は鞄に荷物を詰め込むのみ


大きな荷物はMacBookと服だけですからね


後は、無くすとインシデント級の事件になる社員証とか


それ以外は割とどうでも良いのです


5分くらいでパッキング完了し、ホテルでチェックアウトを済ませます


今回も時間通り、運ちゃんはホテル前で待機してくれておりました


専用ドライバーが居ると、空港とホテルの行き来も楽チンですね


ってことで、ドンムアン空港に向かいます




2時間ちょいくらいでドンムアン空港に到着、最近ちょっと早く着くようになった気がする


復路もSCOOTで、前回同様に優先搭乗券を購入していたので、チェックインカウンターで並ぶことも無く、スルー


イミグレも荷物検査もあまり混んで居なかったので、全過程10分くらいで終わったと思います


ドンムアンと言えば、皆さんも知っているであろうマクドナルドがあると思いますが、


丁度その入り口近くにあるファランが好きそうなお店、無くなっておりました


一度くらいは、あそこの店でチキン&ポテト食べておけば良かったかな


SCOOTの搭乗口近くは、Airasiaと違って、お店が多く、飲食には困らなさそう


タイ飯のお弁当みたいなのがあったので、購入してみました




210Bと中々のお値段で、お味は・・・正直言って、カオマンガイの鶏肉以外は全てパサパサで味が無い


ぶっちゃけ、美味しくない(笑)


これなら、いつものようにマックでポテト食べた方が良かったですね


搭乗時間までの間は、今回の訪タイ記録をパソコンにひたすら打ち込み


記憶が新鮮だからか、やたらとダラダラと書いてしまいましたね


ディレイは無く、予定時刻通りに搭乗し、日本へ


明日は日本到着とともに、お仕事開始なので、機内では寝ようとしたのですが、隣の人がやたらとトイレが近く、何度も起こされました


もう勘弁して欲しいです・・・


トイレ近いなら、通路側の座席予約すれば良いのに・・・たかが、2000円弱なんだから


結局、深い眠りには着けず、日本に到着


荷物検査では、「何しにタイに行かれたのですか?荷物は本当にこれだけですか??」と久しぶりに詰問


私「休みで遊びに行きました、荷物はこれだけです」


検査官「そうですか」


以上


一月に一度、タイに行ってますからね、仕方ないと言えば仕方ないのでしょうか(笑)


到着フロアでは、「Youは何しに日本へ」の取材をやっていましたね


皆さん、もう見慣れ過ぎているのか、全く興味無い感じでした


この番組の亜種で、「Youは何しにタイへ」は止めてほしいものですね


パタヤでの夜遊び密着取材なんてやられたからには、もう日本に戻れる気がしません(笑)


都内へのバスチケットを買おうとしたら、道路が渋滞しているらしく、3時間くらかかるとのこと


仕方ないので、鈍行列車に乗り、都内に戻ります


この電車に乗ると、旅行気分から一気に社畜の気分になりますね


そろそろ、8月編のタイ・パタヤの旅行記は終了となります


無事に帰ってこれるのを当たり前だと思う今日この頃ですが、無事が何より、健康第一ですね(笑)


帰国後は、怒涛の11連勤でちょっと応えました


しかも、トラブルがフィーバーしまくり、24時間の勤務で、若干体調を壊したという、情けない話です


年は取りたくないものですね


ということで、今回も長文駄文にお付き合い頂き、有難うございました


次回訪タイは、4日後(笑)


台風15号(ファクサイ)の影響は受け無さそうで、安心しました


自称晴れ男は、伊達ではありません(笑)


それでは、また!!



-2019年7月後半タイ・パタヤ旅行

Copyright© TMのタイ・バンコク旅行記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.